せんだい雑記

東北楽天ゴールデンイーグルスを応援するブログです。

エース・岸孝之が4年ぶりの二桁勝利、過去の成績をいろいろ並べてみた...

岸と則本の過去の成績

  • E9-4F

最下位・楽天イーグルスにあって、一人だけエースとして期待どおりの活躍をしてくれたのが岸孝之である。

昨日の日ハム戦で4年ぶりとなる二桁勝利を達成した。9勝目は意外と早かったはずだから、ちょっと足踏みさせてしまった感じだ。ま、右膝の故障とかもあったから、とりあえずは無事に二桁行ったのは良かった。

4年ぶりの二桁というので、過去の成績を振り返ってみた。ついでに則本の成績も。()書きには則本の成績を入れてみた。

  • 2014年 13勝 4敗 防御率2.51(14勝10敗 防御率3.02)
  • 2015年  5勝 6敗 防御率3.02(10勝11敗 防御率2.91)
  • 2016年  9勝 7敗 防御率2.49(11勝11敗 防御率2.91)
  • 2017年  8勝10敗 防御率2.76(15勝 7敗 防御率2.57)
  • 2018年 10勝 3敗 防御率2.69(7勝10敗 防御率3.84)

過去最高に勝ったときでも13勝なんだね。2009年と2014年の2回記録している。イーグルスファンの私が言うのもなんだけど、岸が移籍せずに西武にあのまま残っていたら、今シーズンなどは軽く13勝を越えていたかもしれないw。

付け加えて言うと、則本の今シーズンの劣化が数字的にも心配だ。今シーズンというよりは昨シーズンの終わりからだよね、変になった...。

チームの成績を見てみた

岸と則本の成績を比較したら、西武とイーグルスの成績も並べてみたくなった。ちなみに()書きがイーグルス。

  • 2014年 63勝77敗(64勝80敗)
  • 2015年 69勝69敗(57勝83敗)
  • 2016年 64勝76敗(62勝78敗)
  • 2017年 79勝61敗(77勝63敗)
  • 2018年 70勝49敗(50勝68敗)※9月8日終了時点

改めて書くのもなんだけど、西武はずっとイーグルスよりも成績が上だったわけで、岸の二桁勝利が4年ぶりというのは意外だったりする。逆に則本がずっと二桁勝利を続けていることが素晴らしいし、今シーズンの不調が深刻に見えてくる。

いずれ、断トツ最下位のイーグルスにあって岸の10勝は立派だ。独走首位・西武の先発投手に換算したら15勝くらいには軽くなっちゃうんじゃないか、マジメに。岸に改めて感謝...。
www.uesugi-rintaro.com
www.uesugi-rintaro.com

観戦雑感

さて、昨日の岸、序盤は順調な立ち上がりを見せて、いつもの岸だった。ボールに伸びがあったし、ストレートも変化球もいいところに決めていた。問題は4回、5回。レアードの2ランや連打で各2点ずつ与えてしまった。

膝の調子のせいもあるのだろうか。嶋の「続ける配球」が打者に読まれていた感じもあったがどうだろう。

昨日のブログに嶋が最近マスクをかぶっていないことを書いたけど、今回はかぶっていたね。さすがに岸は「俺は嶋でお願いします。」とでも指名したのかもしれない。

岸のボールも山下に受けさせていたら、4回、5回のピッチングにどんな変化があっただろう、正直、ちょっと見てみたかった。
www.uesugi-rintaro.com

もしベンチが岸と嶋の組み合わせを今後も変えないとすれば、それは2人の耐用年数を同じに見ているということかもしれない。

解説者が分かってない(余談)

さて、昨日のテレビ中継はミヤギテレビ、解説は笘篠賢治さんだった。彼の解説の中で岸(のピッチング)についてのコメントがいくつかあったけれど、私的には分かってないなあと思ったので、そのことを書いておく。

一つは、4回からの岸の変化についてだ。たしかに決め球に苦労して球数を多くしていたのだけれど、それについて笘篠さんはたしかこんなコメントをしていた。

  • かわすピッチングになっている。(私には「逃げている」というニュアンスに聴こえた。)
  • 則本ならもっと大胆に攻める(投げる)。
  • 2人の性格の違いだろう。

ぜんぜん笘篠は分かっていない。(あえて呼び捨てにしたw。)

まるで則本は打者へ向かっていくが、岸は逃げているみたいなコメントに聴こえたのであえて言うが、そんなことはまったくない。決め球にストレートを使うか変化球を使うか、ストライクで勝負するかボール球で勝負するかの違いはあるが、それはそのときの状況でバッテリーが判断していることである。

どちらかというとストライク勝負で行くのは岸の方が多い印象さえある。つまりぜんぜん逃げていないのだ。

「性格の違い」というが、おそらく岸の方が則本よりも冷静かつ大胆だと私などは見ている。

単なる2人の見た目から来るイメージで勝手なコメントしているなぁ...と思った。

こんなコメントもあった。

  • 5回100球で交代は、少し岸くんを楽させている。

これは、果たして岸が右膝の故障で離脱していたことを知っててのコメントだろうか。疑問である。「右膝の影響があるんでしょうか...」くらいのコメントを出すならともかく、「楽させている」はないだろう。
www.uesugi-rintaro.com
www.uesugi-rintaro.com

ある程度の点差と、岸の二桁勝利の目安が立ったところを考慮しての交代であり、右膝に爆弾を抱えながらもローテを維持させるための交代に違いないのである。

思ったことをポンポンコメントするのはいいが、昨日今日出てきたルーキーならともかく、実績のある選手のこと、もう少し情報収集をしっかりしてほしいものだと思った。

岸にはこのままキャリアハイの14勝を達成させたい5回100球での交代、上出来である。