せんだい雑記

いち楽天イーグルスファンの独り言...

「楽天のドラ1最有力は根尾」を読んでの雑感...。それからコーチ人事のこと...

ドラ1最有力は根尾

昨日、「楽天イーグルスが吉田輝星を指名しなければならない3つの理由...w」という記事を更新したら、ほぼ同じタイミングで「楽天ドラ1最有力は根尾 吉田輝星より正遊撃手優先」という日刊スポーツのネット記事を見つけてしまい苦笑い。

たしかに大阪桐蔭の根尾くんも良い選手だ。二刀流を言うだけあって、投手としても150キロのスピードボールを投げるし、勝負強いバッティングも実績十分、ショートも難なくこなす野球センスは三刀流ぐらい出来そうな才能である。

で、この記事によるとイーグルスの「数年後の遊撃手だけが見えてこない」とある。つまり補強ポイントはショートだと指摘しているのだ。そうなんだよなあ....。ショート、いないんだよ...今は。

茂木のショートも肘の故障から送球に難があるし、村林も三好も守備はこなすがバッティングが1軍のレベルにほど遠いと来ている。ルーキーの山崎が最近はショートを守ることが多いが、現段階ではショートよりもセカンド向きという感じだし...。ショートに根尾くんが入ればたしかに文句なしだろう。

西巻を忘れてはいませんか

ただ、なんか西巻の存在を忘れているような気がする。今シーズンは守備よりも「勝負強いバッティング」で周りを驚かせたところがあったけれど、もともとは守備の人、それもショートが本職である。さすがにショートの守備で「おぉー」と驚かせるシーンは無かったかもしれないが、だからといって(ショートが)厳しいという判断は早すぎる。

あの負けん気の強さ、野球センスの良さと勝負強さ。必ずやショートの守備でも「おぉー」というところを見せてくれるはずである。彼のショートでの伸び代にかけたい

....というわけで、ドラフトの競合で同じ勝負をかけるなら私はやはり吉田、根尾の順番である

ただ、球団として「根尾で行く」という決断も分からないではない。本当に(吉田でも根尾でも)どっちかを獲得できたら、どっちでも最高のドラフトになるよね。

先発マウンドに吉田輝星があがり、センターのカズキに向かって「シャキーン」サインを送るなんて光景、考えただけで気絶しそうだw(たぶんプロではやらないだろうけど)。ショート根尾、セカンド山崎(or西巻)の二遊間もワクワクする。いやあ、まじめにどっちか来てほしい。

それから昨日の記事のタイトル、「楽天イーグルスに吉田輝星を指名してほしい3つの理由」に変えておきましたw。
www.uesugi-rintaro.com
www.uesugi-rintaro.com

来シーズンのコーチ人事

鉄平さんが2軍外野守備走塁コーチに就任することが発表された。

ほかにも2軍監督にヤクルトの2軍チーフコーチの三木さんの名前があがっているし、平石監督を支える1軍スタッフには笘篠(兄)が1軍外野守備走塁コーチとして、オリックスやベイスターズを退団する小谷野と後藤らの名前もあがっている。

これからの時期、選手らの動向だけでなく、コーチ人事にも注目が集まる。昨シーズンのオフには高須のバッティングコーチ就任のニュースに「必殺仕事人」魂を選手に注入してほしいと期待したのを思い出す。結果は途中で入れ替えになったけど、先日発表された「契約を結ばないとした8人のコーチ」の中に名前はなかった。

分かりやすい解説者は良いコーチになれるか...?

コーチの良し悪しはゲームを見ていてもよくわからないところがある。あちこちの球団でそれなりの実績を積んでいれば、それはすなわちコーチとしての評価が高いということになるけれど、そこまでの実績のないコーチの評価は難しいところだ。

私などはゲームの解説が分かりやすい人はコーチングも上手いのではないかと単純に思っているのだがどうだろう。その点、鉄平さんは好きな解説者だった。分かりやすいし、コメントが的確だったという印象がある。

ほかに好きな解説者を何人かあげるとすれば、次の3人かな。

  • 後藤光尊
  • 里崎智也
  • 阿部俊人

ただ、コーチというのは指摘が的確なだけでは駄目かもしれないよね。選手をその気にさせないといけない。その点、まだ現役だけど渡辺直人なんかは良いコーチになりそう。

後藤光尊などは指摘は的確だけど、どこかアウトロー的なイメージがあるから、意外と選手からは煙たがられるタイプかも。...などと勝手なことを想像していたw。

金農パンケーキが仙台でも買えた...

ぜんぜん話は変わるけど、それからもはや話題としては古いかもしれないけれど、秋田のローソンでしか買えなかったあの「金農パンケーキ」が仙台でも買えたので書いておきます。

自宅近くのローソンに行ったらパンコーナーに普通に並んでいました。金農ブランドは秋田を飛び出して、今や東北一帯に広がっています。とは言っても、国体も終わり、金農フィーバーもそろそろ落ち着いてきた感じがありますね。吉田くんの行方が決まるドラフト会議まではかろうじて持つかな、そんな感じですw。
www.uesugi-rintaro.com