せんだい雑記

いち楽天イーグルスファンの独り言...

ホーム最終戦でスッキリ。来週のシーズン最終戦では則本と岩見に注目だ。

ホーム最終戦

  • E8-1M

ホームではいつもこういうゲームをしてほしい、エースはいつもこういうピッチングをしてほしい、最終戦はそんなゲームになった。

今シーズンは一週間後のマリンスタジアムでのロッテ戦を残すが、ホームではこのゲームが最終戦だった。

今シーズンはホームでなかなか勝てなかった。というか、そもそもホームでの勝率ってどれくらいあるのか。5割はキープしているのか。いずれにしても今シーズンは酷かった。仙台のファンの鬱憤がこれほど溜まったシーズンもなかったのではないかと思う。

しかし「終わりよければ全て良し」と言う。最後の最後でこういうゲームをしてくれたのは救いだ。平石さんの監督就任も正式に発表され、イーグルスはシーズン終了前にぎりぎりセーフのタイミングでファンをつなぎとめた感じかなw。

ま、ホームでぜんぜん勝てないチームがペナントレースの最下位を独走していたにも関わらずホームゲームが連日の「満員御礼」となる土地柄である。ホーム最終戦が仮に惨敗だったとしても温かい声援を贈っていたのかもしれないw。

星野さんが元気だったら「東北のファンは優しすぎるよ...」と例によって呆れ返ったに違いない。
www.uesugi-rintaro.com
www.uesugi-rintaro.com

今シーズンの戦績

まだ1ゲームを残しているけど、今シーズンの戦績をみると...

ホームゲーム

22勝50敗

ロードゲーム

35勝32敗3分(来週の1ゲームを残す)

明らかにホームゲームが足を引っ張った格好である。

イーグルスの選手はもともと生真面目なところがあるけど、それに加えて「野球で復興支援」とか「星野さんのために」とかいろいろ自分で自分にプレッシャーをかけてしまったところがあったのではないか。ホームになると「力が入りすぎる(力みすぎる)」ところがあった。

あとはホームグランドのマウンドを苦手にするピッチャーが多いことが原因かな。身体能力抜群で野球センスも非凡な藤平がホームで1勝もできなかった。それも2シーズン連続で...。

以前も書いたけど、「チーム戦略室」は早急に対応を練るべきだね。ファン重視のボールパークも大切だけど、まずは「選手ファースト」でしょ。戦績はせめてフィフティ・フィフティくらいまでは戻してほしいよね。
www.uesugi-rintaro.com
www.uesugi-rintaro.com

で、昨日の則本

先発・則本が7回107球、5安打8奪三振1失点と「らしい」ピッチングを見せてくれた。これで9勝目。1週間後のロッテ戦に登板して勝てば6年連続の二桁勝利となるところだが、登板については「監督と相談します。」とした。

おそらく投げるよね。とりあえず来シーズンも岸・則本の「wエース」という格好だけはとりたいもの...。

則本はヒロインでも様子が少し違っていた。やけに神妙だった。普通なら「楽天ポイント2倍でーす」とはしゃぐところだけど今回は終始おとなしかった。それだけ今シーズンの出来については満足していないということだろう。

昨シーズンはCSで不甲斐ないピッチングを見せて終わる形だった。で、それを今シーズンずっと引きずる形になっていたように思う。

今シーズンは全体としての成績は良くないけれど、昨日のゲームのようにピッチング内容は尻上がりに良くなってきた印象である。来週のロッテ戦で6年連続の二桁勝利に乗せてシーズンを締めくくれれば、来シーズンは「本来の則本」でスタートを切れそうな気がする。期待したい。
www.uesugi-rintaro.com
www.uesugi-rintaro.com

最後に岩見

来シーズンへ繋がる終わり方という観点からいうと、一人取り残されている感の強いのが岩見雅紀である。昨日のゲームでも2打席のチャンスが与えられたけど、いずれも空振り三振である。

初めの頃の1軍での打席では器用なイメージがあったから、プロ初ヒットもそう遠くないバッターだろうと思っていたけど、野球の神様はなかなかOKサインを出してくれない。

「どうやって打ってやろう....」というのではなく、「振らずに終わるのだけはやめよう」みたいな打席だった。もはや打席での意識が「攻撃」ではなく「守り」に入っている感じだ。

前の試合。ベンチで岩見の隣に平石さんが座り何やらいろいろ話しかけているシーンがあった。1軍で1本打ってシーズンを終えたい、岩見本人よりも平石さんの方が思いは強いに違いない。岩見にもそれが伝わっているからかえってプレッシャーに感じてしまっているのかもしれないし、なかなか上手くいかないものだ。

何度も言うように、今シーズンは残すところ1ゲーム。岩見は起用されるだろうか。されるだろうなあw。しかもこうなったら全打席送り出すだろう。ここで応えられないようだと、「勝負強いバッター」としての資質を疑うなあ。たのむぞ岩見。
www.uesugi-rintaro.com
www.uesugi-rintaro.com