せんだい雑記

いち楽天イーグルスファンの独り言...

守護神・森原康平が生まれようとしている。

新・守護神候補の森原康平が2回めの登板

  • E3-5F

3−2と1点リードで迎えた最終回。イーグルスがマウンドへ送ったのは新・守護神候補の森原康平だった。

森原は9月25日のライオンズ戦に続いての2回めのストッパーとしての登板となったが、前回の逆転満塁ホームランと同様に、今回も1点リードを守れず逆転を許してしまった。

同点に追いつかれたときの際どい展開のせいもあるが、そのあとの動揺ぶりは痛々しかった。続く西川、大田、近藤にもヒットを許し、たちまち3失点、そのまま降板した。

緊張の糸が切れてしまったセーフの判定

1点リードで迎えた9回表もランナーは3塁にいるが2アウトまで来ていた。あと一人という場面でバッターは浅間。これをショートゴロに打ち取ったはずだったが、不運にもこれが内安打となり同点。

1塁セーフは際どい判定だった。平石代行からのリクエストでモニターに映し出されたリプレーもどっちともとれる際どいタイミングだったが、審判は「(同時)セーフ」と判定した。森原にとっては厳しい裁定となった。

同点からどう投げるか、守護神としての適性のポイントだ

同点に追いつかれて森原の緊張の糸はプツンと切れてしまった。先に書いたとおり、続くバッターに3連打、2点の追加点を許してしまった。

あそこで同点のまま切り抜けられないところが森原のストッパーとしての経験不足の部分である。もちろん、同点に追いつかれてしまう時点で経験のなさを露呈しているわけだが、だれだって打たれることはある。同点にされることはある。

問題は「そこから」の気持ちの整え方、気持ちの切り替え方だと思うが、ここらへんは多分にストッパーとしての経験を踏むことでしか補えない部分のような気がする。

森原には斎藤隆さんのようなピッチャーになってほしい

150キロ前後のストレート、安定した制球力、森原康平が昨シーズン出てきたときは、かつてイーグルスに在籍した斎藤隆さんとイメージが重なった。

今シーズンは右肘のクリーニング手術のため長い期間離脱していたが、復帰してからは昨シーズンの強いボールが戻ってきている。森原は十分に斎藤隆さんになれる素質を持っている。

シーズン終盤、順位もほぼ最下位で決まりそうなここに来て守護神としてのテスト登板となっている。このテストが何回試されるかは分からないが、今のところの2回の試験はどちらも不合格という内容だ。

2回とも劇的だった。最初が逆転満塁ホームラン、2回めが昨日の2アウトからの連打。森原本人には残酷な展開となっている。

しかし、この時期だから、私はかえって良い展開ではないかと思っている。負け惜しみでもなんでもない。たった2回の登板で9回を投げきることの難しさを「これでもか」とばかりに叩き込まれているわけで、なかなか経験できないくらいの集中講義である。

森原に守護神としての適性がないのであれば、「無駄なことは止めた方が良い」ということにもなるのだけれど、森原の適性は「有り」と見る。足りないのは経験だけだ。

そういう意味では勝っても負けても影響のない今の時期に、これだけ苦い体験をたくさんしていることは悪いことではない。逆にラッキーと思いたい。

森原康平、斎藤隆さんになれ。....というか、斎藤隆さんのリリーフのビデオを見てほしい、必ず得るものがあるから。それから斎藤隆さんから話を聞く機会もぜひ作ってほしい。気持ちの整え方、気持ちの切り替えという点ですごく参考になると思うから。
www.uesugi-rintaro.com
www.uesugi-rintaro.com