せんだい雑記

いち楽天イーグルスファンの独り言...

真喜志コーチが村林一輝選手の意外なところを評価していてビックリ

昨日はゲームがなかったので、気になるニュースからいくつか取り上げ感想などを書いておく。

「E番アナの応援席」から

河北新報に「E番アナの応援席」というコラムがあるんだけど、今回は東北放送アナウンサーの菅生翔平さんだった。

その中に村林一輝選手のことについて触れている箇所があって興味深く読んだ。

真喜志コーチが村林選手のどこを評価しているかについて書かれてあるんだが、まず上げたのが

  • 打球への入り方とスローイングの安定感

これに加えて

  • 「周りが見えている」こと...。

この「周りが見えている」ということについては、こんなエピソードも紹介されていた。

藤田一也選手が「しっかり試合の中で適切な声が出せている」と村林について話していたそうだ。

ま、村林の守備の安定感については言われなくてもプレーを見ていれば分かる。ただ、守備がいいだけなら三好だっているわけで、ここはやはり守備以外のところで評価できるところが知りたい。三好との差別化を図ってほしいと思うのである。

あと不思議なのは「周りが見えている」という評価である。

ここに村林あり、を一番最初に印象づけた「バックトス」といい、アウトカウントを間違えて2塁ベースを離れてタッチアウトになったことといい、とても「周りが見えている」選手とは思えないプレーが目についた。真喜志コーチも慌てているんじゃないかと思う。
www.uesugi-rintaro.com
www.uesugi-rintaro.com

今日のロッテ戦で松井裕樹が先発するらしい

いよいよ、今日のロッテ戦で松井裕樹が先発マウンドに立つらしい。4年ぶりの先発だそうだ。もう、そんなになるか....という感じである。

松井本人は「うれしい」とコメントしたとか。やはりピッチャーにとって「先発」というのは特別の意味があるようだ。一番最近のピッチングでは力まずに投げられていたので「先発」ということでの気負いさえなければ、普通に5回くらいは投げてくれるだろうと期待している。
www.uesugi-rintaro.com

松井先発についての平石代行のコメント

ただ、松井裕樹の先発起用については平石代行が不思議なコメントを出していた。

来年のことを考えてではない。新たな発見があるのではないか。」というものだ。

つまり、来年の「先発転向」に向けたテスト登板ではない、「投球の幅を広げる」ことが狙いだということである。

一昨日の森原の起用が失敗に終わり、「やはり松井裕樹しかいない」と早速思い直したわけではあるまいが、確かに「先発」が松井のピッチングにどんな広がりをもたらすか、この化学反応はちょっと興味がある。

そして、松井裕樹の「先発転向」は松井自身の出来がどうこうというよりは、松井に代わるストッパーが現れるかどうかにかかっている。森原の出来次第ということだね。

次期監督の選定は石井GMに一任

最後に次期監督の選定について。

平石代行の就任でほぼ決まりのような空気にはなっているけど、果たしてどんな展開を見せるか、こればかりは蓋を開けるまで分からないようなところがある。

オーナーと社長から一任されたという石井GMは「僕とコミュニケーションのとれる人がいい」とコメントするなど、いくらかの含みを持たせている。

正直なファン心理を言うと、平石さんで文句はないのだが、少し刺激がほしいという気持ちがないこともない。別の有名な野球人が来たらそれはそれで面白いかも、などと幾人かの顔を思い浮かべたりするのもまた今の時期の楽しみではあるw。

あの人とか、あの人とか...。

www.uesugi-rintaro.com
www.uesugi-rintaro.com
www.uesugi-rintaro.com