せんだい雑記

いち楽天イーグルスファンの独り言...

負けゲームだったけど、古川侑利と堀内謙伍の若いバッテリーが良かったので良しとする。

9回に逆転されそのままゲームセット

  • E2-4L

2点リードで迎えた最終回。今までならここで守護神・松井裕樹が登場して逃げ切るところなんだが、次のロッテとのカードでその松井を先発で試すプランがあるため、マウンドへ上がったのは森原康平だった。

松井が先発で行けるとなれば、森原は新・守護神の候補になるわけで、今回の登板はその試験登板の意味もあったと思う。で、森原が秋山にまさかの満塁ホームランを打たれてあっさり逆転された。

このときの展開について振り返っておくと、まず先頭の6番中村を出塁させたのがまずかった。打ち取ったショートゴロをイレギュラーで内安打にしてしまう。森原はこれで少し舞い上がってしまった。次の森をピッチャーゴロに仕留めたが、慌ててしまいセカンドへの送球のタイミングが合わず1テンポの遅れからセカンドをアウトにしただけ。落ち着いて処理していればゲッツーだった。

不運な展開が続いてしまい、不慣れなストッパーは完全に舞い上がってしまった。次の岡田、源田に連続ヒットを許してしまう。そして、嫌なバッター秋山を迎えた。こうなると役者が違いすぎる。森原はあっさりライオンの餌食となってしまい満塁ホームラン...。で、裏の回に今江のホームランで1点返すも、ライオンの前に子猫のように見えたイーグルスの和製大砲候補・内田とオコエに出された代打オコエが軽く空振りの三振でゲームセットだった。

ゲームは負けだったが、収穫はあった

これでホームの敗戦数はワースト記録更新となるが、今となってはどうでも良いことに思えてきた。ゲームの勝敗は二の次、問題は来シーズンへつながる収穫があったかどうかだ。で、今回は収穫がいくつかあったと思う。

古川侑利

収穫の一つ目は先発の古川だ。6回2/3を4安打無失点でまとめたわけだが、ライオン打線を抑えただけあって、内容もかなり良かった。

まず、ボールが低めに制球されていた。いつもやや高めの傾向があった古川だったが、昨日のピッチングはストレートも変化球も見事に低めにコントロールされていた。あのピッチングが普通にできればローテーションピッチャーとして十分に合格点を与えられる。

ライオンの強打者たちとストライクゾーンで勝負できていたのも良かった。ある種逃げ腰とも見える際どいボールで勝負するものだから、いつもボール先行で自分の首を締めるような苦しいピッチングのイメージがあったけど、昨日は違っていたね。あと1回くらいは登板の機会があるかと思うがあれなら大丈夫。今回のピッチングはかなり自信になったのではないか。見直した。
www.uesugi-rintaro.com
www.uesugi-rintaro.com

堀内謙伍

収穫の二つ目は先発マスクをかぶった堀内だ。古川の好投は堀内の好リードによるところも大きかった。年齢的には古川よりも更に若い堀内であるが、堂々としたリード振りであった。

バッティングでも良いところを見せた。4回裏、プロ入り初ヒットは初タイムリーの3ベースだった。解説者も柔らかいバンティングフォームと褒めていたが、あれはたしかにマグレ当たりなんかではない、センス溢れるナイスバッティングだった。

打席での雰囲気がいいよね。比べるのも申し訳ないけど、村林の打席とは明らかに違った空気を発散していた。いいんじゃないか、堀内は...。セカンド送球のシーンをまだ見ていないので肩の強さが気になるところだが、昨日のプレーぶりだとこれからもスタメンマスクの機会はありそうだ。実に楽しみである。
www.uesugi-rintaro.com

残念だったのが内田とオコエ

若いバッテリーが良かっただけに、若いバッターにも少しは良いところを見せてほしかったけど、内田靖人もオコエ瑠偉もぜんぜん駄目だった。ライオンの各バッターの勝負強いバッティングを見せられるとその淡白さ、ひ弱さ、迫力の無さが一層目立ってしまって愕然とした。

特に内田の4打数、3三振(いずれも空振り)はショックだ。オコエも1軍に上がってきてすぐはヒットが続いて成長の兆しを見せていたけど、3試合めくらいからサッパリ音無しの状態である。

内田は考え過ぎ、オコエは考え無さ過ぎ、と勝手に想像しているが、「終わりよければ全て良し」、最後には調子を上げてシーズンを終えてほしい。そうでないと来シーズンもまた一からやり直し、期待されながら応えられずに終わるいつものパターンを繰り返すことになる。
www.uesugi-rintaro.com
www.uesugi-rintaro.com