せんだい雑記

いち楽天イーグルスファンの独り言...

ホームで勝てない、そこに「仙台は寒いから開幕ゲームを別でやってほしい」という要望、いろいろ考えてしまったよ...。

ホームで勝てない...

  • E3-8M

ホームで4連敗。先発が岸でも勝てないから、これはもうどうしようもない状況である。

この敗戦で今シーズンのホーム敗戦数は42、これは2005年の球団創設1年目に並ぶワースト記録らしい。

普通なら「ホームの応援を力に変える」ところだが、イーグルスの(選手の)場合は、「応援をプレッシャーに変えてしまう」ところがあるようだ。

で、先日の河北新報にこんな記事を見つけた。

「仙台は寒い」20年開幕カード、選手会が楽天本拠地以外の開催要望

とりあえず考えたことを書いておく。この件については、おそらく続報があると思うので、そのときにまた書きたい。
www.uesugi-rintaro.com
www.uesugi-rintaro.com

東京オリンピックの開催年は楽天イーグルスに開幕ゲームの主催権あり

河北新報によると、昨シーズン3位だった楽天イールスは東京オリンピック開催年の2020年に開幕ゲームの主催権を得ているらしい。

そういえば昨シーズンは3位だったなあ...。今シーズンの負けっぷりに慣れてしまったせいか、すっかり忘れていたけど、問題はそこではない。

主催権を得ている2020年は東京オリンピックの開催で開幕ゲームが例年よりも1週間早い3月20日となるらしいのだが、その時期だと「仙台は寒い」から開幕ゲームをホーム球場である楽天生命パーク宮城以外でやってほしいと選手会が要望したというのである。

選手会の要望というのが引っかかる

せっかく回ってきた開幕ゲームの主催権である。ホーム球場でやれないゲームはそもそも主催ゲームと言わないのではないか、無茶苦茶な要望のような気がする。

選手会の要望というのも引っかかった。「仙台は寒いから嫌だ」というわけでしょ、選手たちが...。選手会として要望したというからには、イーグルスの選手たちもこの要望には同意しているということだろうか。だとしたらちょっと淋しい感じも...。

そこに持ってきて、今シーズンのホームでのワースト42敗。自チームの選手たちにも嫌われているホーム球場というところが数字にも表れているから、これはもう笑って誤魔化すしかない気分である。

どうせ東京ドームか

「寒い」を理由に上げられると、ドーム球場にでもしない限り解決策はない。仙台のほかに東北では適当な開催地はないわけだから、いずれは東京ドームあたりの開催を検討することになるのだろう。

個人的には権利保留で「開幕ゲームの主催権」は翌年(2021年)行使するという選択肢でもいいような気はするけど....。ま、根本的な解決策にはなっていないかなw。

せっかく獲得した開幕ゲームの主催権を何故わざわざ東京で行使しなければならないのか?...というのが率直な感想であるが、現に年一で主催ゲームを東京でやっているよね。三木谷さんなら、東京ドームでの開催にすぐにOKを出してしまいそうで心配だw。

開幕ゲームをどう考えるか

ただ、ここで考えなければいけないのは「開幕ゲーム」の位置づけである。開幕ゲームをどう考えるか...である。

「開幕ゲーム」はそのシーズンの行方を占う大事な一戦だ。どのチームもエースを当ててくるのはそのためである。つまり勝つことが最優先のゲームなのだ。

ここで問題になるのがイーグルスのホームでの勝率だ。ホームでの圧倒的な自チームへの応援を力に変える、アウェイよりはホーム絶対有利、これが常識なんだけど、残念ながら我がイーグルスはそうではない。

選手会の要望はもしかすると「チームにとって(それほど)悪い話ではないかも?」などという発想が出てきそうである。

東北のファンとしては開幕ゲームを仙台で観たいという気持ちはあるけど、一方ではチームが開幕で負けるところは見たくない、それに3月20日はたしかに寒いから選手が怪我でもしたら大変だ、などなど、いろいろ微妙な心境になってくる。