せんだい雑記

いち楽天イーグルスファンの独り言...

田中和基だけじゃないぞ、藤平尚真、内田靖人、山崎剛あたりもそれぞれ自分のスタイルが見えてきたんじゃないか。

マリンの申し子かお前は

  • M2−7E

イーグルス先発の藤平尚真くんがプロ初完投で4勝目(8敗)をあげた。

ま、勝ったから何も言うことはないんだけど、イーグルスファンとしてはやっぱり引っかかるよね。

ホームでは7戦全敗だろ...?

それが何よ?、...ロッテの本拠地ZOZOマリンではプロ初完投達成と来たかw。たしかプロ初勝利もここ(ZOZOマリン)だったよね。

いくら千葉出身とは言え、ここまで露骨に相性の違いが出てしまうかね?。ZOZOマリンは強風でなかなかアジャストするのが難しい球場と聞くぞ、それがホームよりも投げやすいというのか。これはちょっと問題ではないかなw。

藤平のピッチング

昨日の藤平は最初からセットポジションで投げていた。しかも足をあまり上げずに投げるクイックモーションである。前回のゲームでもセットにしてからピッチングが安定してきたが、今の藤平にはしっくり来るのだろう。

つまり身体のバランスが取りやすいのだ。

田中和基がノーステップ打法で調子を上げているが、藤平の場合はそのピッチャー版のようなものかもしれない。

球速自体は最高でも140キロそこそこだったが、身体能力抜群の藤平である、バネの利いた身体から繰り出されるボールには切れと伸びがあった。ロッテ打線を9回3安打に抑えこむ。それに四死球が3と制球も良かった。完投して球数は114球は理想的だ。このピッチングが藤平スタイルになる可能性がある。次のライオンズ戦(ホーム)で是非試したい。

今シーズン中にホーム初勝利も達成してくれないことには、未来のエース候補としてどうかと思うぞ。
www.uesugi-rintaro.com
www.uesugi-rintaro.com

内田靖人がまた打ったね

内田が2試合連続となる8号2ランで勝利に貢献した。

なかなか調子の波に乗れずに、「考え過ぎ」ではないかと心配していたが、ようやく連続して打てるようになってきた。一皮むけたと見るのはもう少し様子を見てからにしようと思うが、以前と着実に雰囲気は違ってきた。たまたま打てているというのではなくて、自分から打ちに行って結果を出している感じが出てきた。

藤平が目指すべきはホーム初勝利だが、内田が目指すは二桁・本塁打だろう。今シーズン中に達成できたら、内田スタイルが見えてくるんじゃないかな。
www.uesugi-rintaro.com
www.uesugi-rintaro.com

山崎剛も目覚めたね

もう一人、山崎剛がここに来てグイ~ンと伸びてきた。

というか、この人の場合はルーキーだから、もともと自分の持ってた力をようやく発揮できるようになってきた、つまり慣れてきたということだろう。自分の力が通用すると分かって、いろいろ試してみようという積極性や余裕が出てきたことが良い方向に出ている。

シーズン終盤だけど、ルーキーイヤーにそのキッカケをつかんだのは大きいよね。
www.uesugi-rintaro.com

あとは三好匠のバッティング改造だなw

イーグルスの外野手には、島内がいる、田中がいる、オコエがいる。なかなか充実したラインナップだと見ていたが、どうしてどうして、内野も悪くないんじゃないか。内田がいる、西巻がいる、山崎も出てきた。ファーストは銀次と今江に任せておけばいい。ここに茂木が帰ってくればこれまた充実したラインナップだ。

悩ましいのはショートのポジションだよね。茂木も西巻も守備(送球)にやや難がある。三好とか村林の方がそっちは少しマシになるけど、バッティングで戦力外だし。この際、ショート内田も試してみてはどうだろう。サード茂木、ショート内田(西巻)、セカンド山崎(西巻)というあたりが座り良さそう。

併行して三好のバッティング改造というのもありだ。

三好の場合はタイミングのとり方だよね。全体的に振り遅れの印象がある。田中に倣ってノーステップを試してみるのもいいんじゃないか。どうせ打てないのなら、いろいろ変わったところを試してみてほしい。

守備の人で落ち着くのは早すぎるよ。

野球センスは悪くないのだから、何かのキッカケで化けてくれないかと密かに期待しているんだけどなあ。