せんだい雑記

東北楽天ゴールデンイーグルスを応援するブログです。

松井裕樹が100セーブ、復調したかに見える松井裕樹の変化について考えてみた。

いつもの岸くんだったね

  • M1-3E

岸が11勝目である。勝ち星が背番号と同じになった。右膝の怪我は大丈夫そうだね、一時期の糸を引くようなストレートが完全に戻っていたし、カウントを整える大きな変化球も気持ちよく決まっていた。

少しバタついたのは1、2回だけ。2回は先頭の鈴木に2ベースを打たれ、その後の福浦にタイムリーで先制点を許してしまった。

しかし、7回までに許した失点はこのときだけ。3回以降は5回に平沢に四球を与えただけで、あとはすべて3凡の危なげないピッチングだった。

岸のゲーム後のコメント

岸のゲーム後のコメントが興味深かった。

ワク(涌井)を見て、もう少し右足に体重を乗せようかと。それだけで良くなった。

ロッテに先制されたあとのピッチングの修正についてコメントしたものだ。

相手ピッチャーの修正振りを見て参考にしたということだろうか。一流のピッチャーというのはこういう観察力もあるのかと感心した。

涌井投手とはオフに一緒に練習もする仲のようだ。
フォームのちょっとした変化や、何を意識して投げているのかといったことまでも気が付くということかもしれない。さすがですね。
www.uesugi-rintaro.com
www.uesugi-rintaro.com

松井裕樹も良くなってきた

9回に出てきた松井裕樹が良くなっていたね。何がキッカケで吹っ切れたのかは分からないが、良いときの松井裕樹に戻っていた。

今回で100個めのセーブである。22歳での100セーブ、史上最年少と紹介されていたけど、これまでの最年少がDeNa時代の山口俊投手の25歳らしいから、一気に若くしてしまったことになる。この記録はこの先、簡単には破られないだろうなあ。

というか、若い投手をいきなりストッパーには配置するようなことは普通しないよね。イーグルスのチーム事情もあったと思うし、デーブ大久保の唯一の功績かもしれないw。

松井本人もあとで「長かった...」とコメントしていた。今シーズン開幕時点で100セーブに「あと4つ」というところまで来ていたわけだから、この4つを取るのに9月までかかってしまったことになる。たしかに長かったなあ、マッちゃん。今シーズンの苦労が分かるよね。

松井裕樹を変えた原因

で、昨日の松井の9回はすごかった。右の代打の清田を四球で歩かせただけで、あとの左の3人は全員空振り三振に切って捨てた。スライダーが面白いように決まっていたね。

松井裕樹を変えた原因はいくつか考えられる。思いつくままに上げてみると

  • 目の上のたんこぶであったハーマンが離脱した。
  • ハーマンに代わるストッパーは自分以外いないという自信
  • チームの最下位はほぼ確定で、気楽に投げられる。
  • 石橋杏奈さんとの結婚も決まり私生活も充実してきた。

とまあ、こんな感じだろうか。ほとんどウケ狙いで書いてみたw。いや、2つ目なんかは案外いい線行っているような気がする。

日刊スポーツは松井の次のようなコメントを紹介していた。今シーズン、抑えだけでなく中継ぎや敗戦シチュエーションでの登板を経験したことが今のピッチングに生きている証である。

少々甘くてもファウルにすれば1ストライク稼げるのを実感して、リラックスして投げる方法をつかんだ。

昨日の松井裕樹

昨日の松井裕樹のどこが良かったか。

まず、コントロールが良かった。やや抑え気味に投げている印象だったが、球威、切れといった球質は逆に良かったからね。今までは制球を意識して抑え気味に投げると腕が振れていないせいで球威や切れがなくなっていた。

だからといって「腕を振ること」を意識すると、今度は力み過ぎてしまう(力任せに投げてしまう)。力みは制球が安定しないばかりか、球威や切れもなくしてしまう。その悪循環であった。

今回それが無かったということは、身体を上手く使えるフォームが出来ていた(安定していた)ということだろう。あの感じで投げられればそうそう四球で自滅することはないはず。次でも同じようなピッチングが出来れば、松井裕樹の完全復活と見ていいね。
www.uesugi-rintaro.com
www.uesugi-rintaro.com

則本昂大と松井裕樹

則本と松井、この2人がシーズン終盤、最下位がほぼ決まった時期にようやく本来の姿を取り戻してきた。長かったね。ただ、この1シーズンかかったスランプを乗り越えた経験は次のシーズンにきっとつながるはずである。

則本などはリーグ優勝目前で陥ったスランプだった。6年連続の二桁勝利の達成で復調のきっかけをつかめば、元の安定感に戻れるような気がする。松井裕樹もそうだ。100セーブ達成した次のシーズンに先発へ戻るということは考えにくい。

岩隈が帰ってきて斎藤隆さんの役割を担い、則本と岸が先発陣を引っ張り、松井裕樹が抑えとして君臨すれば、来シーズンの優勝は見えてきそうな気がするなあw。