せんだい雑記

東北楽天ゴールデンイーグルスを応援するブログです。

「金農パンケーキ」とは。秋田へ行ったらローソンで買えるらしい。

金農フィーバーはまだ続いていた。

金足農業の吉田輝星くん、今日のu-18韓国戦では登板するのかな。

その韓国チーム。香港相手に26得点と力の違いを見せつけた日本のu-18だったけど、韓国は同じ香港相手に41得点だったっけ?、さらに力の差を見せつけていたよね。まるで、「日本が26点ならこっちはその倍だぁー」、みたいな....。

金農といえば、農林水産省金足農業に対し「大臣感謝状」を授与したというニュースもあったね。農業系高校の甲子園準優勝は戦後初というのが授与の理由らしい。金農は秋田県だけでなく、「農業」のイメージアップにも貢献したということかな。

で、今回、金足農業で県内が沸きに沸いていた地元・秋田へ出張で行ってきた。しかも目的地は金足農業のお膝元である秋田市である。

秋田新幹線の終着駅である秋田駅、新幹線の改札を出て通路を少しあるくとこの垂れ幕が目に飛び込んできた。

f:id:uesugi_rintaro:20180904163235j:plain

やけに「準」の文字が小さい。近くでよくみると後で縫い付けたようだった。

さすが秋田、「祝 優勝」前提で垂れ幕を作っていたのだと感激したのだったが、よく考えてみると、作成開始はゲーム前のはずだから、最初から「準優勝」の垂れ幕を作る人はいないよねw....。

それにしても小さな「準」が居心地悪そうで思わず笑ってしまったよ。

いつまで飾ってあるか分からないけど、秋田駅に行った際は写真に撮っておきたいね。

これが「金農パンケーキ」だ。

あと嬉しいサプライズがもう一つ。

取引先の社長さんが今話題の秋田ローソン限定の「金農パンケーキ」を帰り際に「お土産だ」とくれたのである。

証拠写真はこれ。家に帰ってから撮影した。
f:id:uesugi_rintaro:20180904220411j:plain

ネットなどで話題になっていたからその存在自体は知っていたけど、かなり入手困難だと聞いていたので、まさか現物が見られるとは思わなかった。しかも食べられる。うれしい....。

「金農パンケーキ」に関する情報を書き出してみた。

  • 1個145円(税込み)
  • 特色1:醤油(地元の小玉醸造さんの醤油らしい)を練り込んだ生地で「りんごジャムとりんごプレザーブ」を挟んである。
  • 特色2:パッケージにも書いてある通り少し甘じょっぱい
  • 2012年5月から販売開始
  • 普通だと6月頃で販売は終了するらしい。
  • 今年は甲子園での金農フィーバーがあり、再販要望が殺到、8月23日から再販されたらしい。
  • SNSで話題になり、品切れ状態のお店が続出

ところが先の社長が言うには「たまたまローソン行ったら残っていたので買っておいた。」だと。どうやら一時期ほどの「バカ売れ」状態ではないらしい。ローソンでいつまで販売を続けるかは分からないけど、秋田限定の「金農パンケーキ」、買うなら今でしょ。今一番の秋田土産ではないかなw

食べた感想

もっちりした生地で結構ボリューミー。2個で145円はリーズナブルだね。

もっちり生地に挟んだリンゴのシャキシャキ食感も美味しい。醤油風味の生地がちょっと新鮮かも。凄く合っているとまでは言わないが、和洋折衷で結構旨い。

金農とのコラボ商品は他にも色々出ているらしいのだが、このパンケーキの再販要望が多かったというのも頷ける。

www.uesugi-rintaro.com
www.uesugi-rintaro.com
www.uesugi-rintaro.com