せんだい雑記

いち楽天イーグルスファンの独り言...

内田靖人と上林誠知(うえばやし せいじ)

  • E3-4H

岸が投げても連敗止まらず

先発はエース岸。ここで連敗を止めないと連敗は更に続く予感、大事なゲームだった。

前回の岸。
右膝故障から復帰した最初のゲームだったが、本来の岸にはほど遠いピッチングだったね。ま、それでもゲームを壊さないところが岸らしいところで、最後は引き分けで終わった。
www.uesugi-rintaro.com

で、今回の岸。
立ち上がりは文句なしで、2三振を含む三者凡退のスタートだった。ストライク先行で攻めていくいつもの岸のピッチングに見えた。

先発の初回の出来は大事である。このゲーム行けそうだとか、苦しい展開になりそうだとか、チーム全体の雰囲気や影響に影響する。そういう意味では申し分ないスタートだったと思う。

ソフトバンクの強さ

ところがさすがにソフトバンクは地力が違った。

中村晃の2ランで先制されてしまう。ま、岸も後でコメントしていたようにホームランはしょうがない。松田の四球が余計だったね。ただ、ソフトバンクが違うのはここから更に1点追加するところである。

長谷川の2ベースのあとに上林がこれを還した。2点先制ではなく3点先制で終わるところが「ソフトバンクの強さ」である。

イーグルスには残念ながらこれがない。
相手ピッチャーにダメージを与えたあとに更に畳み掛けることができない。選手層の違いと言ってしまえばそれまでだが、イーグルスの攻撃陣を見ていると打順の意味(効果)がまったく発揮されていない感じである。昨日のゲームもウィーラーのホームランによる得点だけだった。

これではエースの岸が先発しても、それこそ無失点でゲームを作らない限り勝てるゲームにはならない。いくら岸でもそれは辛いよ。

上林誠知(うえばやしせいじ)は松井裕樹、内田靖人と同期

昨日のゲームは、2回に追加点を演出した上林が、延長10回に松井裕樹から勝越しのホームランで試合を決めてヒーローだった。上林誠知(うえばやしせいじ)、ご存知のとおり仙台育英の出身である。

地元出身の他球団の選手が仙台のゲームでヒーローになる、これはイーグルスファンにとって実に複雑だ。色んな意味で...。

ちなみに上林は2013年ドラフト4位の選手である。イーグルスの松井裕樹とは同期ということになるが、イーグルスの2013年ドラフトのメンバーを見てみると、

  • 1位 松井裕樹
  • 2位 内田靖人
  • 3位 濱矢広大
  • 4位 古川侑利

という顔ぶれである。

内田靖人と上林誠知、育成の差なのかそもそものスカウトの目利きの差なのか、うぅ〜んと考え込んでしまったよw。

元に戻ったイーグルス

さて、チームはこれで7連敗。借金もワースト20に戻ってしまった。

ディクソンも内田もまったくダメだね。上げた甲斐がない。なんで自分が1軍にいるのか、その意味をファンに見せてほしい。7連敗がただ負けを重ねているだけのようで見ていて辛くなる。

負けてもただでは起きない、そんな希望の光をどこかに見つけられるゲームにしてほしいものだ。

石井GMが選手に挨拶

最後に備忘録として書いておく。石井GMが9月1日に正式に就任し、早速、1軍の練習において選手やスッタフへあいさつしたという話題。内容は次のようなものだったらしい。

やるからには勝ちたい。上からではなく一緒に戦っていきたい。環境を整えるのが僕の仕事なので、何かあったら言ってください。

これから選手とは個々に話をしていきたい。野球観や性格的なものを知りたい。グラウンドではなくて、できれば部屋とかで話したい。9月中、来月までにはしたい。

今シーズンの内にいくらかでもチームに変化の兆しが見られるかどうか。まずは選手起用に注目したい。

そしてシーズン終了後はいよいよ監督人事である。
www.uesugi-rintaro.com