せんだい雑記

いち楽天イーグルスファンの独り言...

藤平尚真は勝てるピッチャー、また連敗ストッパーです。

藤平と古川の違い

  • H2−3E

連敗ストッパーの藤平が戻ってきた感じかな。7回1/3、被安打6、失点2は立派なもんだ。

危なかったのは初回くらい。先頭の牧原のショート内安打を茂木が悪送球していきなり0アウト2塁からのスタートだった。福田にバントを決められ、続く中村の犠牲フライで簡単に1点入ってしまう。

次の柳田、長谷川と連続四球で歩かせたときには、壊しちゃうかな(ゲームを...)と思ったけど、松田を空振り三振に討ち取ってチェンジ。さすがにずるずるとはいかないね、藤平は。

藤平が古川と違うのは、結果を引きずらないことかな。一つ一つのプレーの結果に次のプレーが影響されない。ピッチングを切り替えられているなあと感じた。だから連打が少ないし、失点に結びつかない。

さすがに初回は茂木の送球エラーが絡んだので、想定よりアウト一つ少ない場面で3塁にランナーを置いてしまったから1点はやむを得なかった。
しかし、犠牲フライで1点取られ2アウトにした後は、柳田、長谷川、松田のところでカウントを悪くしたまま勝負しなかったのはさすがの勝負感だったと思う。「3人でアウト1つ」に徹していた。
www.uesugi-rintaro.com

茂木が心配

初回の攻撃、先頭の田中が出塁してチャンスメイクしたが、次の茂木が併殺打でこれを潰した。...かと思えば、その裏の守りでは余計な悪送球でショート内安打を2塁打にしてしまった。で、これが失点に結びつく。

先日は劇的なサヨナラホームランで一躍主役に躍り出た茂木、巻き返しのキッカケになりそうな予感がしていたけど、なかなか波に乗ってくれないね。「守備の不安」が茂木自体を湿らせている感じがする。

このゲームでは3打席めに足にデッドボールを受けて途中交代したけど、初回の併殺打のあとは見逃しの三振だったから、あのままプレーしていても打っていた可能性は限りなく0に近かったろうと思う。バッターボックスでの雰囲気だけからすると西巻や直人の方がまだ(なんとかしてくれそうな)可能性を感じる。
www.uesugi-rintaro.com

印象に残った攻防

相手先発の武田が6回に四死球で崩れたのにも助けられた。5回に同点に追いついたと思ったらすぐその裏に勝ち越された。6回に逆転できたのは効果的だった。

あとは高梨、青山、ハーマンと必勝リレーで繋いだけど、高梨のときのホークスの攻撃陣にはレベルの高さを感じたものだ。

というのも、同じく8回表のホークスのピッチャーは武田からスイッチした左の変則ピッチャー嘉弥真だったけど、イーグルスの左バッターはまったく手も足も出なかったから。島内が空三振、枡田がセンターフライ、そして銀次は見三振である。

これに対し、高梨が投げたときのホークスの左バッターはしぶとかった。(我がイーグルスの左に比べて)実に嫌らしかった。中村がショートの内安打、柳田はセカンドゴロでアウトになるも中村は進塁、いわゆる進塁打である。せめてこれくらいの攻撃はしようよ(イーグルス...)、と思ったw。

最後はハーマン。最近のハーマンは先頭打者を出しちゃうことが多くなった気がする。それまでは先頭打者をキッチリ抑えてスイスイとゲームセットまで持っていってたものが、最近は先頭打者を塁に出し、ランナーを背負った状態でピッチングをする場面が増えた。

ま、それでも後続は許さないから、ハーマンの調子自体に変化はないのだと思う。先頭打者を出してもバタバタしなくなったよね。自信を持って投げられている証拠である。

さて、今日からホームでロッテ戦。今シーズンはホームで苦戦することが多いけど、岸のところにだれを持ってくるか楽しみ。とりあえず塩見で第1戦は勝っておきたい。