せんだい雑記

いち楽天イーグルスファンの独り言...

古川侑利に足りないもの

....それは、安心感ですかね。答になっていないような気もするけど私の率直な印象である。

古川の傾向?

  • H6−3E

古川は6回に一つもアウトを取れずに2失点、そのまま降板した。結果は5 0/3回、被安打7、6失点だった。

スコアボードを見ると失点したのが2回、4回、6回と規則正しく偶数イニングだった。いずれも5番ディスパイネ、6番長谷川、7番松田が絡んだイニングである。

で、見事にこの3人(5番から7番)が失点に絡んだ。
ディスパには3連打と毎回チャンスメイクされ、次の長谷川には2本のホームラン(いずれも2ラン、これだけで4失点である。)、松田にはゲーム後に平石代行が「一番もったいない」と振り返ったタイムリーを打たれた。*1

古川には同じ相手に打たれる傾向があるのだろうか。苦手意識を持ちやすいタイプだとすれば少し厄介である。一皮むけそうでなかなかむけきれずにもがいている印象だ。

古川のイメージ

前に平石代行が古川のピッチングについて、「丁寧に丁寧に投げすぎていた」と評価したことがあった。このときもホークスが相手だったと思うが、5失点と結果を出せなかった。考えすぎるタイプなのだろう。

古川の今の印象を一言で言うと「なんか荷が重そう」という感じだろうか。「やってくれそう」という感じよりは「大丈夫だろうか」という不安が先に立つ。先に書いたとおり「安心感」が今ひとつ足りない。

その点でいうと、今日先発予定の藤平の方がまだ期待値は高い。「なんとかしてくれそう」なイメージ、逞しさがある。

「相手を上から見下ろす感じで投げろ」とはピッチャーに対して送られる「心構え」の一つだが、古川に足りないのはこの感覚かもしれない。やられたらやり返す、この感覚(実績、イメージ)が彼からは湧いてこない。

なんかやりづらそう、見ているファンにも感じ取られる雰囲気は相手チームに伝わらないはずがない。次こそやり返してそのイメージを払拭したい。それが古川の課題だねw。
www.uesugi-rintaro.com

森原康平が帰ってきた

古川とは対象的に「不安」を払拭するピッチングを見せたのが3月に肘のクリーニング手術を受けて復帰した森原康平投手である。打者3人をピシャリと抑えてみせた。キャッチャーの構えたミットに吸い込まれるように決まる制球力、150キロを越えるストレートもあった。

森原が帰ってきた、そう印象づけるピッチングだった。今回は森原のピッチングを見れたことで良しとしようw。

*1:キャッチャーがバッターの反応を見るためにボール球を要求したが、ストライクゾーンに投げてしまい打たれた。ボール球の意図を理解していないというわけである。