せんだい雑記

いち楽天イーグルスファンの独り言...

昨日の塩見貴洋は7月21日の岸を見ているようだったね。

7月21日の岸孝之を思い出した

  • E3−7L

先発の塩見を見ていて7月21日のライオンズ戦を思い出していた。先発の岸が5本のホームランを打たれ7失点したゲームである。あのときの岸はほとんどライオンの餌食だった。7回のマウンドにも上がったけど、ここでも2失点、結局1アウトも取れずに降板した。

ただ、ゲームはイーグルスが逆転、7−9で勝利した。岸に「負け」はつかなかったのである。

で、今回の塩見。
3本のホームランを打たれ5回途中で降板した。5失点だった。残念ながら今回はイーグルスの逆転とまではいかなかった。結果は最初に書いたスコアのとおりである。

何が言いたいか。

塩見はあのときの岸よりはマシだったということである。ホームランはかなり打たれたけどたった3本である。好投が続いていた塩見だったが、岸にもあんな日があるように、塩見にだってこんな日があるさ。そう言いたかったw。

ライオンの凄み

塩見は点の取られ方が良くなかったね。
味方が2点先制した直後の4回表に逆転されてしまった。この回先頭の山川にソロホームラン、次の外崎は三振に討ち取ったが、続く森にヒットを打たれ、その次の中村に2ランだった。

ライオンの群れに襲いかかられた草食動物を見るかのようだった....。ライオンのこの畳み掛けるような攻撃に合ってしまってはひとたまりもない。イニングの先頭にホームランを打たれたくらいでガックリしている間はないのである。気を取り直して逃げるしかない。逃げのびるしかないのである。

山川ライオンに一噛みされて逃げ出し、外崎ライオンを振り切ったところで一息つく間もなく森ライオンに足元を噛まれた。ここで逃げる速度が落ちたところへ中村ライオンが上から襲いかかってきたのだ。あぁ、恐るべしライオンの群れ...。

思うに、(西武)ライオンの強さは「苦手のまま」でいないことだよね。「苦手を作らないこと」と言ってもいい。塩見といえば、ライオンハンターと呼んでいいくらいライオンの各バッターとの相性は良かったはずである。

ところが、このライオンたちは(今回のように)しっかり対策してくるのだから、ただの野獣ではないのだな。頭の良い野獣だから厄介なのである。

ここらへんはイーグルスも見習いたいものである。今では菊池雄星をどうにかこうにか打てるようになったけど、イーグルスはその菊池雄星に13試合負けを付けられずに来たのだったw。

エース岸がライオン相手に10勝目と行きたいね

というわけで相手先発の菊池雄星。

何度も言うが、このごろは全く歯が立たないという感じではない。今回も2本のホームランを混ぜて3点入れた。四死球も4つくらいもらっていたんだけど、上手く付け入ることができなかったね。それくらいライオンにチームとしての勢いがあった。

終わってみればライオンのヒット数13に対し、こっちはたったの4。これでは勝てない...。ホームでなかなか良いゲームが出来ないのは平石代行になってもあまり改善していないようで淋しい。と思ったら「塩見vs菊池雄星」の因縁の対決は互いに敵地で好投する傾向があるようだ。つまり、今回のゲームもその傾向が「まんま出た」感じである。

さて、今日はエース岸が投げる。7月21日の次の登板では見事に修正した岸が完投してみせたが、相手はホークスだった。今夜こそが7月21日のリベンジとなるわけだが、それは岸もきっと意識しているに違いない。

これぞエースというところをライオン相手に見せてほしい。そして是非二桁(10勝)といきたいね。

あと西巻をスタメンショートでぜひ使ってほしい。お願い、平石代行w。

www.uesugi-rintaro.com