せんだい雑記

東北楽天ゴールデンイーグルスの観戦雑記ブログです。

則本昂大のピッチングの変化を見逃すな?!

則本のピッチングの変化を見逃すな?!

今日から日ハム戦である。

初戦の先発は則本。先日、「則本はイップスだと思う。」という記事を書いたばかりだ。
www.uesugi-rintaro.com

今日の則本はどんなピッチングをするだろう、楽しみなのと怖いのと半々の心境である。前回登板時も4回までは何でも無かった。変化が見られたのは5回である。

「ここを乗り越えなければならない」、「ここで何とかしなければ」、「俺はエースなんだ」などなど、これらの思考がそれまで無意識のうちに出来ていたピッチングフォームに微妙な不具合を生じさせるのである。

上手く表現できないけど、脳が「失敗したときの動き」を覚えていて、何かのキッカケで自分の意思とは無関係に同様の動きをしてしまう。

何かに引き込まれるようにピッチングが変わるのは、例えば暴投であったり、いきなりの死球(四球)であったり、ど真ん中へ絶好球を放ってしまったりすることなんだけど、これらはそのせいだと考えられる。

則本には、何かに引き込まれるときのトリガー(引き金)がいくつかある。次の失敗体験だ。

  • 初回の失点(先制点を許す)
  • 味方が得点した直後の失点
  • 先発の責任イニング(5回)を果たせない

これらのシーンが近づくと則本の(失敗)脳は活発に活動を始める。これをいつもと変らないモードに戻してやるためにはどうするか。それが問題である。おそらく普通の練習では何の解決にもならない。

則本は責任感が人一倍強い選手である。それが彼の良いところでもあり、最大の弱点でもあるんだよね。その則本は自分の脳との戦いをどのように克服していくのか、または克服してきたのか。今夜のピッチングに何か快方への変化が見られれば良いのだが。

繰り返しになるけど、楽しみ半分、怖いの半分、複雑な心境で見守りたいw。

辛島のホーム勝利は2年ぶりだったのかあ...

辛島スタイル

  • E4−2M

辛島がホームで久々の勝利である。なんでも2年ぶりだそうだ。地方球場に強いイメージがあったけど、ホームで2年間も勝ちがなかったというのは正直、意外であった。

今回のゲームもいきなり3連打で1失点という展開だったから、「辛島の(ホームの)壁」は相当厚いぞ、と野球とは別のストレスの存在を感じたのも束の間、このところ格段に腕を上げている嶋のセカンド送球による盗塁阻止によってその壁に風穴が空いた。

ロッテの井口監督は当然リクエストを要求したが、判定はアウト。これで辛島の前に立ちはだかっていた壁にヒビ割れが生じた。4番井上を空振り三振で2アウト、次の角中もセンターフライに討ち取り初回を最少失点で切り抜けた。

辛島の良いところは、ピッチングにブレがないことだと思う。

尻上がりに良くなるということも少ないけど、一つ一つのプレーでピッチングが大きく変わることもない。常に淡々と投げ込むイメージである。マイペースなピッチングスタイルはときには「テンポが悪い」という評価になってしまうこともあるが、これも辛島のスタイルで、味方打線への悪影響という面は裏を返せば相手打線にも影響を与えているわけである。あとは野手の方が「辛島だからこんなもん」と割り切るしかない。

味方打線は早速辛島スタイルに応える反撃を見せた。1回裏にすぐに同点に追いついたかと思えば、2回にはウィーラーの復帰後初ホームランを含む2点を追加した。

カーくん、神の子、不思議な子

攻撃で言うと、7回の田中カーくんの一発が大きかったね。
表に松井裕が1失点、1点差に追い上げられた直後だった。あのホームランはチームと松井裕を救う一発になった。田中の存在感はうなぎ登りに上がっている。

まさに「カーくん、神の子、不思議な子」状態である。

それにしても田中和基がここまで化けるとは夢にも思わなかった。昨シーズンは、毎回、大振りばかりしていた印象がある。1年先輩の茂木を意識してのことだろうと少し覚めた(諦めた)目で見ていた。

一方で彼を高く評価する首脳陣の話題にも事欠かなかった。たしかに身体能力は高そうだった。しかしそんな選手はたくさん見てきた、それ以外に「いったい彼のどこが良いというんだろう?」と不思議でしょうがなかった。

しかし、見事に化けました。
しかも、華奢な見かけと違い、なかなか怪我をしない。これだけ長く活躍し続けると、一部報道にあった「新人王」という話もまんざら夢物語でもないような気がしてきた。

あとは西巻だなあ。ロッテ平沢の好プレーを見ていたらファン心理に火がついてしまったよw。