せんだい雑記

いち楽天イーグルスファンの独り言...

岸に滅法強いライバル(天敵)登場...

岸に天敵「藤岡」現る

  • E0−3M

先発は岸とボルシンガー。
防御率2点台の投手同士の対戦だったが、勝ち星の差(岸9勝、ボル12勝)がそのまんま結果に現れたようなゲーム展開になってしまった。

岸は粘り強く投げてはいたけれど、いつもの制球ではなかったね。ボールが先行してしまい、バッター有利のカウントから勝負していた場面が何度かあって苦労していた。

中でも「藤岡」には岸との相性の良さを存分に発揮されてしまった。極端なことを言えば、このゲームは藤岡一人にやられてしまった印象さえある。岸のチェンジアップに藤岡が面白いようにタイミングが合っていた。バットを振ればそこにボールがある、そんな感覚であった。

5回の藤岡の2ランは効いた。
2アウトランナー1塁の場面で藤岡を迎えたが、四球覚悟で厳しく攻めて次の中村との勝負という選択肢もあったように思うが今となっては「たられば」の世界である。藤岡には様子を見る間もなく初球をライトスタンドへ持って行かれた。

さすがの岸も藤岡に対しては「嫌なイメージ」を持ってしまったのではないかと心配である。ただ、岸の性格から行くと苦手のまま残しておくとは思えない。きっちり対策を立ててくるはずである。次の対戦が怖いというよりも楽しみになってきた。

新攻撃陣に可能性は見えず...

それでも岸は7回を3失点で抑えた。
いつものイーグルスなら十分に勝ちゲームにできるスコアだった。ただ相手のボルシンガーが良すぎたね。手も足も出なかった。岡島、山崎、三好といったところがスタメンに名前を連ねる新しい布陣であったが、こっちの方はある意味、期待通りの「湿り具合」だったねw。

ま、1回のチャンスで結果が出せるようならとっくに出てきている(活躍している)わけで...。

ボルシンガーは「12勝」の強さを存分に見せつけるピッチングでイーグルス打線は2塁さえ踏ませてもらえなかった。岸をぶつけるには勿体ない相手だったかもしれない。いや、それは言うまい...。

山崎と三好、それから西巻のこと

ルーキー山崎の2つのゲッツーも痛すぎた。それより何より平凡すぎてつまらない。せめてバントは決めて「可能性」を示してほしかったと思う。西巻だったらどうだったろう、どうしても考えてしまった。ベンチ入りはしているようだから平石代行には是非試してもらいたい。

三好も存在感を示せなかったね。どうもバットがボールに当たるイメージ無いよね。というか、バッターが当てに行っている感じがないとも言える。バットを振って、そこにボールが来たらラッキー、そんな感じのバッティングである。

いつも途中からの出場で対応しづらいという面はあったかと思うが、スタメンでも状況はほとんど変らない印象である。スタメンで使ったときの「可能性」をもっとアピールしてほしかった。で、ここでも西巻の姿が頭にチラつくんだけど、ファンとしてはショート西巻も見てみたい。

今日は辛島だね。ここのところ結果が出せていないからそろそろビシっと決めてほしいと思う。あとは西巻の起用にも期待である。