せんだい雑記

いち楽天イーグルスファンの独り言...

カー君、神の子、不思議な子...

  • Bs2-3E

テレビ観戦できたのは9回の表から。
ただ、そこからも印象的なゲーム展開があったので、それについての感想などを書いておく。

岡島の存在感が限りなく0に近い

2-1で1点のビハインドの場面。マウンドにはオリックスの守護神・増井だった。
1アウトからペゲーロが出塁、代走の島井がワイルドピッチの間に2塁へ。バッターは嶋の代打・岡島だったが、復調の兆しがまったく見えず(予想どおりの)三振である。これで2アウト2塁。

バッターは田中カーくんこと田中和基。
イーグルス躍進の象徴らしく期待どおりの3ベースで同点にした。そして茂木のタイムリーで逆転である。

茂木も田中の活躍に刺激されてか、離されまいと意地をみせているのがいいね。この展開こそが今のイーグルスの強さの源である。

で、田中、茂木の1、2番に逆転劇を演じられたものだから、もはやこのイニングでの岡島の存在感は完全に忘れ去られてしまった印象である。このままだと、岡島のチームにおけるポジションは三好とほとんど変わらなくなってしまいそう。というか、すでになってるし....。

則本と美馬の状態が一番の誤算

1点リードで迎えた9回裏のマウンドはもちろんハーマン。一番集中すべき相手とコメントしていた先頭を討ち取ると、あっさり3人でゲームセットにした。

これでイーグルスは3連勝。5位とのゲーム差は1.5まで縮まった。

それにしても田中カーくんが常にチームの勝利に絡んでくるところがすごいね。

今江や島内といったところにやや疲れが見えている中で銀次、田中、茂木のあたりが良いところで結果を出している。このバランスの良さもゲーム後半の粘りにつながっている。勢いが止まらない要因の一つだ。

それから、裏ローテと思われた「則本、古川、美馬」のカードで3連勝はラッキーだった。ただ、先発の役割をきっちり果たしていたのが古川だけだったというのは悩ましいよね。則本、美馬の状態の悪さがいつになく長引いている、これが一番の誤算である。

今日からロッテ戦

さて、今日からロッテ戦。
イーグルスの先発投手は表ローテに入る。先頭は塩見から。ライオンには強い印象があるが、それ以外だといきなり地味な印象である。ライオン打線の強烈さを思えば、カモメ相手にてこずるはずはないと思うのだが、必ずしも戦力通りの結果にならないところがまた野球の不思議で面白いところである。