せんだい雑記

東北楽天ゴールデンイーグルスの観戦雑記ブログです。

仙台で「鰻の美味しいお店に連れてって」と言われたら、迷わずココへ連れて行きます。

今の時期にときどき無性に食べたくなるものと言えばやはり鰻でしょうか。

身体が求めているというか、匂いに釣られるというか、食べたいと思ったらもう我慢できない、そんな食べ物になっている。

で、先日、食べてきました。お店は「うな貴」さん。

仙台ではここの鰻が一番美味しいと思っているんだけど、最近は行くといつも「完売」の看板が出ていてなかなか食べることができなかった。

今回は看板こそ出ていなかったけど、予約の客で満席状態、入り口で30分以上待たされた末ようやく席に案内されるも、注文してから更に30分以上待たされた。

しかし待っただけの甲斐があった。旨かった。実に旨かったw。 

最初は特別限定メニューの「極上『極』」(5,300円)を注文したが、すぐに売れ切れになったとお店の人が謝りに来た。

しかし一度入ったスイッチはもう切ることができない。一つ下のランクの「竹」には行けずに、「極」より上の「松」(5,700円)を注文した。

鰻は一匹半、お重のご飯がまったく見えないくらいに蒲焼きがびっしり敷かれていてこれは贅沢極まりない。

身は柔らかでタレも濃すぎず、ご飯に上品に程良くしみている。いやあ、正解だった。満足度120パーセン。

仙台市内にはいくつかの鰻の老舗がある。どこもそんなに違いはないだろうと思いがちであるが、ここのはやっぱり違うんだなあ。それこそ別格の感じがある。
f:id:uesugi_rintaro:20180729053727j:plain

お店を出るときにちょうどいつも目にしていた「完売」の看板が...。一枚撮らせていただいた。店の佇まいも素敵である。この時期に是非一度行っていただきたいお店だ。
f:id:uesugi_rintaro:20180729053720j:plain

追記)「極上『極』」をいただいた。

8月11日

息子が夏休みで帰ってきたので、家族で「うな貴」へ。
今回は予約しておいて夜の開店と同時に入ったので、前回に品切れだった「極上『極』」(5,300円)をいただくことができた。

これ
f:id:uesugi_rintaro:20180811191321j:plain

お店の人に「松」と「極」の違いを聞いてみた。違いはこうだ。
「松」は「極」よりやや小さめの鰻が一匹+半身であり、「極」は大きめの鰻が一匹なのだそうだ。鰻の量にすると「松」の方がややボリュームがある。そんな違いである。

上の「松」の写真と比べると、なるほど一匹の大きさの違いが分かるねw。

お店の情報

店名:うな貴(うなき)
住所:仙台市青葉区国分町3−2−18
営業時間:11:00~14:00、17:00~20:00、日曜営業
定休日:不定
(以上「食べログ」店舗基本情報より)