せんだい雑記

東北楽天ゴールデンイーグルスの観戦雑記ブログです。

5位オリックスとの差が3.5まで縮まった。...って、まだ3.5もあるよw。

岸が完投で9勝目

  • H1−7E

先発の岸が完投で9勝目をマーク。
まさにエースのピッチングである。見殺しにした昨シーズンとはガラリと変わって味方打線も岸のときはよく打つ。岸が投げれば負けない、そんな空気がチームに落ち着きと余裕を与えているようだ。

前回登板の西武戦では5本塁打を浴びて7失点で降板した岸。らしくないピッチングだったが、このときもチームは逆転した。岸に負けを付けなかったのである。

岸の前回登板から今回の(岸の)ピッチングに不安を持った野手は一人もいなかったと思う。いちファンである私がそうだった。

岸に限って「引きずる」ことはない。「何を根拠に?」と言われると答に窮するけど、今の則本や松井裕に感じる不安を岸にはまったく感じない。岸の「本物」を認めているから、としか言いようがない。

前回登板の反省を「完投」で示してみせるなんて、岸さま、カッコ良すぎでしょw。岸が「本物(のエース)」であることの証拠に違いない。

田中とアマダーが引っ張る

攻撃陣では田中とアマダーが好調を維持している。島内や銀次がこれに離れず付いていってる感じだが、今江はややペースダウンの兆しが見える。そろそろ休憩所で水分補給させてやりたいところだが、ウィーラーはいつ戻ってくるのだろう*1。ナオトが良いフォローを見せているのが救い。

茂木は毎日がチャレンジャー(のような印象)。良かったり悪かったり、なかなかプレーが安定しないのは彼の心の状況を表しているかのようである。たまたま当たりが続いても自分が納得していなければまたすぐに元に戻る。その繰り返しが今の状況のような気がする。

連勝が続いているので、ルーキーの出番がなかなか回ってこないのはちょっと淋しい気もする。でも、それはしょうがないこと。平石代行もここは好調な選手を使い続けるしかないだろう。

だってベンチも選手も、もちろんファンもまだ諦めていないのだから。「何を?」....、それはもちろんアレだよ。アレしかないでしょw。

最下位脱出も見えてきたの?

オールスター後のチームの戦績が9勝1敗になったイーグルス。5位のオリックスとの差が3.5まで縮まった。ま、縮まってもまだ3.5もあるのかと思っちゃうところがなきにしもあらずなんだけど、今の勢いがあればアッという間に追いつきそうではある。

今後のゲームスケジュールを見るとホークス戦の後に、尻尾の見えてきたオリックスとのカードが控える。このカードで一気に追いつきたいところだが、先発ローテが裏に入るのでやや心配な面もある。

裏ローテはどんな具合なの?

特に則本が使えるかどうか、投げさせていいのか悪いのか、そんな心配から始まるローテである。美馬は使えるのか。使っていいのか。戻すのか...って、裏にはこんなのしかいないのか。かなり不安になってきた。

ファームではルーキーの近藤が頑張っているようだが、どうだろう。フレッシュオールスターでもまずまずのピッチングを見せていたようだし、もしかしたらチャンスはあるかもしれない。

それと森雄大。フォーム改造で今シーズンこそは出てくるかなと期待していたが、なかなか出てこないね。古川には完全に置いて行かれた。*2

則本と美馬は残念だが、ここで無理させて壊すわけにはいかない。平石采配と最近お姿を見なくなった佐藤ヨシコーチの再生に期待である。

*1:28日のオリックスとのファーム交流戦では先制の2号2ランを打っていたようだ。

*2:同じく28日のファーム交流戦では池田が4回5安打2失点だった。やや微妙な感じだね。それから西口が1回無安打無失点3奪三振で1勝めらしい。西口?、この人らしい。知らなかった。早く見てみたい。