せんだい雑記

東北楽天ゴールデンイーグルスを応援するブログです。

則本昂大が久々の勝利だったけど、梨田イーグルスだったら勝てなかったと思う。

則本に久々の白星

  • E6−5H

則本に久しぶりの白星がついたわけだけど、「則本病」*1の症状はハッキリ見えていたね。なので、これが梨田さんのときのイーグルスだったら則本はまた勝てなかったと思う。平石イーグルスだからかろうじて「勝ち」を拾えた感じである。

初回の1失点、島内の3ランなどもあって2回に大量5得点したが、その裏にまた1失点。病状は軽めだが、明らかに「則本病」の症状を示していた。

雨の中、5回を3点リードで終え、勝ちゲームの状態でゲームは一応成立させたが、成立したからさぁこれでお終いと言えるほどの強い雨にはならず6回へ。

梨田イーグルスのときの反省を生かして

5回でゲームを成立させたところで気が緩んだわけではないと思うが、則本はイーグルスからホークスへ移籍した西田にまで2ランを献上し1点差まで追い詰められた。
中盤に追加点を与える、「則本病」の新しい症状かもしれない。

平石代行は6回でノリを諦めた。この采配は梨田イーグルスのときの反省を生かしていたと思う。「則本病」が完治しない間は、則本を引っ張り過ぎてはいけない。これ、今のイーグルスが勝つための絶対条件。

新・必勝リレーとヒーロー3人

そして高梨、ソン、ハーマンと見事につないだ。
高梨のところは青山に代わるときもあるが、新・必勝リレーの面々である。やっぱりハーマンだなあ。1点リードで登板してもバタバタしなくなった。以前にも書いたけど、「禅」か何かのコツを掴んだかのような変わり様にみえる。バッターを抑える前に自分の気持ちの抑え方を会得したに違いないw。

攻撃では2回の島内の3ランが効いた。
アマダーの同点ホームランとゲッツー崩れの1点追加だけでは「則本病」の症状が出たゲーム展開を変えることはできなかったと思う。

それから銀次による7回の貴重な追加点。あそこで2点リードにしていなかったら、このゲームの展開は逆になっていたかもしれない。モイネロからも追加点がとれるようになった。これも大きい。

そんなわけで、このゲームのヒロインはハーマン、銀次、島内の3人だった。
順当な顔ぶれである。不安が残ったのは「則本病」の症状がいまだ残る則本のピッチングである。今回の白星が良薬になってくれればいいけど。

さぁ、今日は先週に引き続いてライオン戦。先発も塩見と菊池の投げ合いである。先週とホームグランドが変わっただけ。先週の大勝の再現はあるのか。はたまた....、この先は書くまい。正夢になっても困るのでw。

*1:症状1:初回に失点する(先制される)、症状2:味方が得点した裏に失点する。