せんだい雑記

東北楽天ゴールデンイーグルスの観戦雑記ブログです。

古川侑利のピッチング評価「丁寧に丁寧に投げすぎていた...」、則本昂大が登板するときの2つの注目点...

イーグルスGMへの就任要請をしている石井一久(いしい かずひさ)氏について思ったこと...

少し前には梨田監督の後任監督としても名前が上がっていた。

石井一久氏である。

今度はGMとして招聘する話があるらしい。ほんとかしら...と思った*1

独特の野球観と米球界にもパイプを持つ点を高く評価されていると言うんだが、私なんかには野球の解説者としてのイメージよりもテレビにタレントのように出演して笑いをとっているイメージの方が強い。

岸と交流があることは知っていた。ライオンズ時代の先輩、後輩になるわけだ。以前、岸が石井氏を慕っている様子のコメントを出していた記憶がある。ま、あの岸が一目置いているというのだから、ことピッチングに関してはそれなりの理論を持っているのかもしれない。実際、現役時代のピッチャーとしての実績は日本はもちろんメジャーでも活躍したわけだから文句なしである。

しかし、いきなり監督だとかGMだとか言われてもピンとこない。やっぱり「脱力系」のキャラクターが引っかかる。現場と球団・オーナー側との間に立って上手く調整役を果たしてくれるだろうか。GMとしての仕事の内容がよく分からずに心配しても始まらないのだけれど...。

ただ、日ハムのGM特別補佐である木田さんの例もある。彼もどちらかというと「脱力系キャラ」と「木田画伯」と呼ばれるほどの絵の巧さを売りにしてテレビ出演していたイメージの方が強い。彼の場合はドラフト会議で清宮幸太郎を引き当ててGM特別補佐としての名前を一躍有名にした。

石井氏も木田氏もどちらも脱力系のキャラなんだが、たしかに野球を辞めてからも野球とは別の道で生き残ってきた感じがある。あの手のキャラは外見からは分からない特別な能力、適性のようなものを持ち合わせているのかもしれない。

石井氏のイメージは「自由人」である。勝手な印象ではあるが、単なる「イエスマン」ではない、また、上に媚びるタイプの選手でもなかった、そんな印象がある。誰に対しても思ったこと、言いたいことをズバッと言いそうな(言ってしまいそうな)タイプに見える。

それに何かのインタビューで「野村克也」さんを「恩人」と応えていたことがあった。「野球選手の前に一人の社会人」という野村さんの教えがあるけど、その教えがあって今の自分がある...、みたいなことだったと思う。「野球だけの大人」ではない面も見せていた。

後任監督として名前があがり、GM就任要請の相手としても名前があがったものだから、今は「意外と“できる”人なのかもしれない...」と印象が変わりつつあるw。大変失礼な言い回しになっているかもしれないけれどw。

石井一久という人に興味が出てきたのでウィキペディアで調べてみた。「経歴」の中の「引退後」のところに次のような記述を見つけた。

現役スポーツ選手のマネージメント並びに引退後のスポーツ選手のマネージメントを仕事にし、広くスポーツ界に貢献するのが志望動機である。将来的には、都内の大学にて学問を修め、経営学を始めとするスポーツマネージメント、日本プロ野球Jリーグ、バスケットボール、アメリカンフットボールなどのGMをする目標をたてているとのことである。

この就任要請は案外実現するかもしれない。そう思った。

監督候補に石井さんの名前が上がっていると知り、「エェ〜」と思った頃に書いた記事。
www.uesugi-rintaro.com

古川のピッチング評価「丁寧に丁寧に投げすぎていた...」、則本が登板するときの2つの注目点...

古川のピッチングについて

昨日のホークス戦は観ていない。帰宅してから結果だけはチェック。

イーグルスの先発古川は5回被安打8、5失点だった。セ・リーグのチーム相手に3連勝だった古川も交流戦明けのマリンズ、ホークスに連敗。セ・リーグ打線には通用してもパ・リーグの強力打線には通用しなかったね、ネット上の大方の評価である。

丁寧に丁寧に投げすぎていた...

平石代行が「丁寧に丁寧に投げすぎていた。」とコメントしていたが、どういう意味だろう。「丁寧に」とは普通は良い意味で使われる言葉だが、「丁寧に」も行き過ぎると良くないということかもしれない。古川の良さが消えてしまったか。

「丁寧」の反対語を調べてみたら「ぞんざい、乱暴」とあった。古川はもう少し「ぞんざい」なピッチングをすれば良かったということか。「乱暴」に行く場面があっても良かったということか。

ピッチングでときどき使われる表現に「大胆に」というのがあるが、古川は3連勝したことで守りに入っていた部分があったのかもしれない。もう少し「大胆に」攻めても良かった、そのくらいの意味だろうと勝手に理解した。

ま、実際のピッチングを観ていないので単なる想像にすぎないけど、次の古川の修正ぶりに注目したいw。

則本のピッチングの注目点

さて、明日は則本が先発。最近は負けが続いていてとてもエースと呼べる状態ではないけれど、今回は「則本病」に見られる2つの症状を見事に修正してみせるか、そこに注目である。

2つの症状とは

  1. 初回に失点(先制)する。
  2. 味方が得点した裏に失点する。

則本病は身体的な問題からくる症状ではない。初回、味方が得点した裏といった状況によって自分が作り出す妄想から陥ってしまう症状である。いくら練習してもそれだけでは症状が改善したかどうかが分からない。実際にその状況になってみて妄想を跳ね返せるかどうか、いわばぶっつけ本番の自分との戦いなのである。 

*1:楽天の立花社長が就任要請していることを認めて「前向きに進んでいると思います。」とコメントしたという報道がされてました。