せんだい雑記

東北楽天ゴールデンイーグルスの観戦雑記ブログです。

「さぁ、エースならこの1点を守ってみろ...」野手はノリを試しているのかもしれない....。そんなことをしている間に梨田監督が辞任するらしい。

カープのときと同じ展開に...

  • E1−2T

ノリが先発だとやっぱりこうなるか...。そんなゲームだった。

ノリの前回登板はカープ戦だったが、そのときとほぼ同じ展開である。投手戦で0行進が続いた末、味方がようやく先制するけど、すぐその裏にノリが先制点を吐き出してしまう。しかも追加失点のオマケ付き。

味方が先制したとはいえ、8回裏では少し遅すぎた。しかもたったの1点である。昨日のブログにノリが勝つための2つの条件を書いた。その中の一つに「味方の先制点をその裏で吐き出さないこと」と書いたけど、このパターンでそれをノリに求めるのは少し酷である。ベンチはノリを少し引っ張りすぎた。3つめとして「ノリ別格采配をやめること」を入れるべきだった。

島井の代走をなんとかしろ

8回がこのゲームの山場になった。先頭打者のラストバッター嶋が2ベース、0アウト2塁という場面でトップに戻ったのである。しかし、ここからヒットと2ベースが出たにもかかわらず、結局、得点はわずか1点だった。

嶋に代走・島井を送ったことが裏目に出た。カズキがバントを2度失敗し、普通に打って出てセカンドゴロ、この間に2塁ランナーの島井は3塁を落とせるはずが、何故か塁間で止まり挟まれアウトになった。なんのための代走か。

島井の代走失敗はイーグルスのパターンである。私の観戦したゲームに限って言えば、島井の代走は成功した場面よりも失敗した場面の方が圧倒的に多い。バントを失敗したカズキもどうかと思うが、最悪のゲッツーは免れ、島井が挟まれている間に2塁は落とした。

最高の場目で4番、5番に打順が回ったのが運の尽き

このあとの藤田がヒットで1アウト1、3塁。相手ピッチャーが代わるがこれから今江がタイムリー2ベースでようやく1点を先制した。なお1アウト2、3塁の場面で4番ディクソン、5番島内と続くもあっさり凡退。追加点の場面で4番と5番なのにこの有様である。だから「ノリがカワイソウ」ということになる。

いい加減「ノリ別格采配」は修正した方が良いのでは...

1点リードで迎えた最終回。この回を抑えれば勝ちゲームという展開でマウンドにあがったのはノリだった。ハーマンでも福山でもなく(一応)エースのノリだった。そしてお約束どおりノリは先制点を軽く吐き出し、すぐに追加点を許して逆転される。

追加点を許したところで高梨、福山とつないで1点ビハインドで裏の攻撃に移るが時既に遅しである。8回に投げていたのがノリでなかったら展開は変わっていたはずである。9回表は投手2人がかりでアウト3つを取りに行く継投ではなかったかと思う。「ノリは別格」采配がまたもや裏目に出てしまった。

ノリと野手の関係修復はまた次の機会に

マウンドにあがったからには抑えてほしかった、今回もノリは野手からの絶対的な信頼を得ることができずに降板した。野手は野手でノリを勝たせることができなかった負い目だけを残して後味の悪いゲームにしてしまった。ノリと野手の関係修復はもう少しかかりそうである。

ベンチはいい加減、ノリの取り扱いを修正すべきである。野手を悪者にするのは簡単だが、たまにはベンチも悪者にならなくては、この状況は変らないと思う。

テレビの実況で岡田さんの解説が分かりやすくて面白い。私の中に梨田さんの後任候補が数人いるけど、新たに岡田さんも入れたいw。

梨田監督の辞任

岡田さんを梨田さんの後任候補に入れたい、などと書いていたら、「梨田監督辞任」のニュースが入ってきた。借金20が梨田さんの中でのひとつの区切りだったようである。

「優勝を狙える体制は整った」として入った今シーズンであった。選手はもちろん、ファンもついでに野球解説者の面々も今シーズンのイーグルスは「優勝を狙えるチーム」だと確信していたのに...。いったいに何が起こったか。

星野さんの予期せぬ訃報はたしかにあった。相当大きなダメージだったことも間違いない。しかし、それを逆にバネにするはずだった。バネにできるはずだった。どこかで歯車が狂ったようである。

結果としてエース則本が投げて区切りの借金20を作ってしまった。いつも「則本は別格」と口にしていた梨田さんである。彼が登板したゲームで辞任を決めることになったのは皮肉な感じもするが、ある意味本望ではなかったかと思う。(ノリはかなり悩むと思うけど...。)

平石ヘッドが監督代理を務めるようである。このままのチーム状況ではチームにとってもファンにとっても長いシーズンになってしまう。開き直りでもヤケクソでもなんでもいい、平石代行には周りの雑音に惑わされずに好きにやってほしい。借金20、もはやだれも期待していない今シーズンはそれができるシーズンだと思う。

「平石は面白い野球をやるじゃないか」、イーグルスの未来に期待を持たせる野球を見せてもらいたい。

梨田さん、お疲れ様でした。