せんだい雑記

東北楽天ゴールデンイーグルスの観戦雑記ブログです。

ルーキー近藤の実践マウンドに可能性を感じた。

悩ましいチームの現状

  • E3−6D

なかなか簡単には連勝できませんね。
やらなくていい勿体ない失点とチャンスを生かせない勿体ない攻撃は相変わらず。カード初戦は相手の自滅もあって勝てたけど、普通の野球をされて接戦になると地力の差が出てしまう。そこから抜け出せないばかりか、均衡を保つこと自体に耐えられなくなって自滅してしまうよね、今のイーグルスは...。

それでも入れ替え組が活躍してくれてなんとか完封負けだけは避けられたけど。ウィーラー、藤田、銀次、茂木といったあたりがブレーキになっているから辛い。彼らにも2軍での調整を与えたいところだけど、登録抹消するには悩ましい実績と存在感なのだなあ。

ルーキー近藤の実戦マウンドを初めて見た

先発はルーキーの近藤。実戦マウンドは初めて見たけどストレートは重くて威力ありそう。身体も厚みがあって強そうである。潜在能力の高さを感じた。

今回のピッチングは降板後に本人がコメントしていたことに尽きる。

変化球の制球が良くなかった。
気がつくと必ずと言っていいくらい2ボール0ストライクになっていた。カウントを悪くして、ストレートでストライクを取りにいったところを打たれていた感じ。

失点のタイミングも悪かった。
味方が得点した裏の回に失点する最悪のタイミング。

それでもズルズルと自滅する感じはなかったので、それなりの修正力というか対応力は持っている投手という印象である。場数を踏めば化ける雰囲気はある。そういう意味では次が楽しみな投手である。

高梨は2年目の迷い?

近藤の後を受けた高梨、池田がピリッとしない。

左キラーの高梨が左打者にいきなり四球では話にならない。変則左腕という自分の強みをまったく生かせていない。左バッターにとっては、そのフォームこそが武器なのだから普通にストライクゾーンめがけて投げればいいのである。自分の中であれこれ駆け引きして結局歩かせては元も子もない。これが2年目の迷いか、不思議である。

池田は1軍の恐さを知った?

池田は1軍の恐さを知って今まさに壁にぶつかっている感じである。こちらもキャッチャーのミットめがけてガムシャラに投げていた頃と違って最近は細かい制球にこだわってカウントを悪くした末に決め球が甘くなって打たれている感じ。あの球威である、もっと大胆に投げた方が彼の良さが出そうな気がする。

攻撃陣ではアマダーとディクソンにホームランが出た。ウィーラーは2軍調整でいいかもしれない。代わりに宋を戻したい。いや、内田か。

余談

余談だが、同じ日にライオンの今井はプロ初勝利をあげた。イーグルスで言うところの藤平世代。藤平を含む「高校ビッグ4」の一人だった。最近まで「未成年の喫煙」で謹慎を食らっていた選手でもある。良くも悪くもこの手の選手が化けることはよくある。藤平よりちょうど1年遅れた印象だが、藤平がグズグズしている間に綺麗に挽回されそうである(急げ藤平...)。