せんだい雑記

東北楽天ゴールデンイーグルスの観戦雑記ブログです。

古川プロ初勝利、交流戦も初勝利、w初勝利になったね。

w初勝利だ!

  • G1−4E

交流戦初勝利は先発・古川のプロ初勝利になった。wで初勝利、めでたいね。

古川は昨日のゲームで一皮剥けたね。いくつかあったハードル(ピンチ)を見事に切り抜けて見せた古川。これまではどこかのハードルで自滅していた。ラッキーな面もあったけど、逃げずに向かっていたし、腕を振って投げたことで出た結果だから自信になる。昨日のハードルを振り返る。

ハードル1

まずは初回の0アウト1、2塁の場面。3番坂本をライトフライに討ち取った。そして次の岡本、亀井を連続三振に。坂本を討ち取れたことが大きかったのではないか。坂本は球界を代表する好打者の一人。あれで古川は「行ける」と思ったに違いない。

ハードル2

次は味方が先制した裏のマウンド。ピッチャーの山口が先頭打者でこれを三振に討ち取ると、1番の陽は歩かせてしまったけど、次の田中、坂本とこれまた連続三振で切り抜けた。

ハードル3

ウィーラーのファインプレーに救われたのが4回のマウンド。2アウト満塁の場面でピッチャーの山口に痛烈な当たり、これをサード・ウィーラーがファインプレーでアウトにした。勝ち運のなかった古川にとってこのゲーム最大の山場だったけど、野球の女神は古川に微笑んだね。

ハードル4

そして勝ち投手の権利がかかった5回のマウンド。さすがに簡単には勝たせてくれないね。岡本のタイムリーで1点差に追い上げられ、なお、2アウト1、3塁のピンチに迎えたバッターが勝負強いマギーだった。

ところがこの日の古川は今までと少し違っていた。キレキレのストレートでマギーを見事三振に討ち取り勝ち投手の権利を持ってマウンドを降りた。

必勝リレーにバトンタッチ

その後は宋→池田→松井→ハーマンの必勝リレーに任せる形となったが、8回の貴重な追加点もあってどうにかこうにか逃げ切った。池田と松井が少し危なかったね。きっと「古川を勝たせたい」という意識が強すぎたせいだろうw。

ボール自体は悪くない。問題の「勝運」も手繰り寄せた。「腐ってもG」からの初勝利は古川を変えるのに十分な経験になると思う。