せんだい雑記

いち楽天イーグルスファンの独り言...

梨田コメントについて思ったこと。

ゲームが湿っぽいのにはだいぶ慣れてきたけれど、ここにきて梨田さんのコメントまで湿っぽくなっているのが気になる。

「かわいそう」

がやたら多くないか。主に野手へ向けたメッセージのようである。つまり投手が「かわいそう」だと言うのでのある。

先日の則本が先発のゲームでは野手の攻撃に向けて

追いついてから(則本は)また状態が良くなってきた。打線が勝ち越してやれば。良い投球をしながら、かわいそうな敗戦になった。

そのあとの美馬が先発のゲームでは

投手にはかわいそうなことをした。守り勝つことができていない。

このコメントは野手の守りに向けたメッセージである。やっぱり「かわいそう」なのは投手。

打ってもダメ、守ってもダメ、投手が「かわいそう」という「梨田のハナシだ」。

そしてとうとう他所のチームの選手の「ハナシだ」にまで及んでしまった。

追い込まれてからバットを相当短く持って、工夫している。あれだけ長打を打てる選手がフォアザチームで、見習う点もあると思う。

これはヤクルトのバレンティンの打席についてコメントしたものだが、これには少し違和感があった。どういう違和感かというと、このコメントはいったいだれに向けたメッセージだろうということである。

ウィーラーやペゲーロたち助っ人に向けたメッセージだろうか。それともまったく工夫のない打席でチャンスをつぶしている野手全員に向けたメッセージか。

追い込まれたらバットを短く持って....

たったそれだけのメッセージが選手たちに伝わっていないということだろうか...。
フォアザチームの精神を選手たちに浸透させるのは監督やコーチの仕事ではないか。ま、監督である自分やコーチたちに向けた反省のコメントだったとすればまだ救いはある...w。

いつだったか、連敗中の梨田監督に記者が「これからナインを集めてミーティングをするのか」みたいな質問を投げたことがあった。そのときの監督の応えは

ミーティングして勝てるのであれば、1日中しますよ、試合をやめてね。

だったと記憶している。

こっちの勝手な思い込みかもしれないが、もしかしたら梨田さんになってからゲーム後のミーティングはやっていないのではないかと心配になったことを思い出す。

野村さんのときに根付いたはずのゲーム後のミーティングだが、やっていないとしたらときどきやらかしてしまうチョンボの原因もなんとなく分かるような気がするのである。