せんだい雑記

東北楽天ゴールデンイーグルスを応援するブログです。

交流戦3連敗。チームが茂木栄五郎に重なって見えることについて考えてみた。

交流戦3連敗。チームが茂木栄五郎に重なって見えることについて考えてみた。

3連敗

  • E2−5S

交流戦に入ってたちまち3連敗。

パ・リーグばかりが何故勝つの?」と言われる交流戦で、まさかまさかの3連敗。岸、辛島の表ローテに入っているのに3連敗。これは痛い。

交流戦でチームを建て直すどころか、もはや「交流戦で(ただ一人)取り残される」心配が出てきた。消えかけていた梨田監督休養路線がまた浮かび上がってきそうな雲行きである。

チームが茂木栄五郎に重なって見えた

昨日の茂木を見ていたら、まるで今のイーグルスを見ているようで怖くなった。

昨日の茂木
5打数ノーヒット。前日は4打数3安打の猛打賞だったのに....である。しかも同点で迎えた7回表に2アウト満塁から2失点したのは青木のショートへの高いバウンドの打球を茂木が待って取ろうとしてヒットにしてしまったからである。

今の茂木に求める守備のレベルとしては酷かもしれないが、あそこは突っ込んでショートバウンドで捕球してほしかった。そうすればアウトにできただろう。

今ひとつ大胆に行けない。ちょっと消極的。波に乗り切れない。接戦で自滅してしまう。(強かった)昨シーズンの面影が見えては消え、見えては消える...。まさに今のイーグルスと一緒ではないか。

茂木化現象

他にも岡島も、ペゲーロ、銀次がそうである。まったく打っていないとまでは言わないけれど、肝心なところで打ってくれない。打てないばかりか気づくと強烈なブレーキになっていたり...。

ホームランも同じでソロばかり。ランナーのいないところでは打つがランナーがいると打てない。

田中、内田といった若いところが注目され始めたのは嬉しいが、主力がその「元気の素」を消しているように見えることがある。今江一人が火を吹いても焼け石に水の状態である。

そしてこれらのシンボルが今シーズンの茂木なのである。「茂木の調子があがってこないことにはイーグルスの浮上はない」梨田監督がそんなコメントを出したことがあった。まさに茂木の調子に比例するかのようなチーム事情になっている。

茂木の先頭打者ホームランを最後に見たのはいつだったろう....。

交流戦の初戦はパ・リーグで「一人負け」だった。これが交流戦の恐いところ。

恐怖の「一人負け」

プロ野球交流戦が始まったけど、楽天TVは主催ゲームのみの放映のようなので、観戦環境はとても厳しい。そんな厳しい観戦環境の中、初戦はなぜかミヤギテレビで放映していたようだったが、生憎、用事が出来て見れず。あとで結果だけをチェックした。

  • De9−2E

大敗だった。しかもパ・リーグの他のチームが全部勝ったものだからいわゆる「一人負け」というやつ。交流戦の一番恐いパターンでスタートを切ることになってしまった。

池田より古川なのか...

イーグルス先発の古川は5回3失点。佐藤ヨシコーチによれば「仕事はした。」ということなんだが、相変わらず「高めのボール」が多かったようだ。加えて、古川本人は「2軍では通用した勝負球の変化球がなかなか決まらなかった」とコメントしていた。

実際のピッチングを見ていなかったので、このコメントが「2軍では通用したけど1軍では通用しなかった」という意味なのか「2軍で投げていたように1軍では投げられなかった。」という意味なのか判然としない。

前者であれば勝負球の変化球をもっと磨く必要があるし、後者であればメンタル的な面をもっと強くして、1軍のマウンドでも2軍戦のように投げられるようにしたいところだ。いずれにしても「勝運がない」ところが気になるピッチャーではある。

当面のライバルと見られる池田が8回にまさかの炎上だったので、古川の先発は今のところ安泰の予想だが、次も勝てないとなるといよいよ「勝運に見放された投手」ということになるからベンチも池田を先発に戻して古川をリリーフに回すことを検討することになりそうだ。

セ・リーグ主催ゲームでの打順

攻撃はというと、複数安打があったのが得点のあった4回と8回、それから3回。チャンスで打てない、というかなかなかヒットが繋がらないからチャンス自体少ない。

セ・リーグ主催のゲームではピッチャーも打席に立つから少ないチャンスを確実に得点に繋げたいところなんだけど、このゲームでは3回の得点チャンスをゲッツーでつぶしたのが大きかったね。

それから調子を上げているカズキをもう少し上位で使いたい。5番カズキ、7番ウィーラーでもいいような気がした。