せんだい雑記

いち楽天イーグルスファンの独り言...

交流戦を前に見えてきたチームとしての収穫について考えてみた。

  • H4−8E

ホークスに勝越し交流戦に突入だ。収穫の多いゲームだった。「子供の日」には首位ライオンと15あったゲーム差がようやく10.5まで縮まった。立派なもんだ。

交流戦を前にしていろいろな収穫も見えてきた。今回のゲーム展開を振り返りながら整理しちゃうw。

塩見の好投

先発の塩見は良かった。5回6安打3失点で降板、悔やまれるのは4回のデスパと松田に打たれた2本のホームランだけだった。前日のノリとの違いはベンチが身軽にスイッチできる使い勝手の良さだ。ゲームは作った、6回以降の反撃を呼び込む力投だったと思う。ゲーム感も戻ってきている。交流戦ではやってくれるはずだ。

和基の覚醒

田中和基が覚醒中だ。前日のゲームの2安打に続いて今回も3安打、しかも内1本はゲームを決めた8回の2ランだった。田中は福岡出身、福岡ドームへはご両親が観戦にみえていたようだ。両親の目の前での大活躍(覚醒)、この選手は「持っている」に違いない。オコエとのポジション争いも面白くなってきた。いいぞお。

青山の安定感

前日に続いて6回を3者凡退で切り抜けた。青山にもベテランの落ち着きと安定感が出てきた。先発はとりあえず5回までゲームを作ってくれれば、あとは青山→池田→松井→ハーマンの勝利の方程式へ乗せられる。形は整った。

池田の適性「良好」

先発からリリーフに回って2度めの登板。この人の安定感も頼もしい。何よりも四球を出すリスクが少ないのが良い。短いイニングなので持っているパフォーマンスを加減せずに出し切れるところが合っているように見える。

今江という切り札

代打でしっかり結果を出す。以前の勝負強さが蘇ってきた今江はこのゲームのヒロインだった。7回、藤田の代打で登場し、勝越しのタイムリー3ベースを打ったのはさすが。彼が控えにいることの相手チームの恐怖たるや相当だw。

ペギーに変化

空振り三振に仕留められていた高めのストレートを詰まりながらもヒットにする場面が多くなってきた。ちょっと甘くなればホームランにできるし。昨シーズンの「恐怖の2番打者」は打順は変わったが今まさに蘇ろうとしている。

銀次にも「らしい」当たりが出始めたか

このゲーム、5打数2安打2打点の銀次。ようやく「らしい」当たり出始めた。2本出たので一番ホッとしているのはきっと本人だろうと思う。これがキッカケになって交流戦で調子を上げてくれば面白くなる。

心配の種

最後に心配の種もある。茂木とウィーラーだ。初回の失点は茂木のエラーがきっかけだった。ウィーラーに至っては調子が落ちているとチームのムードもだだ下がりになるから厄介だ。6回にウィーラーのタイムリー、茂木は7回にカズキに続くヒットを打った。希望の光であってほしい。茂木との関連で言えば三好がここでアピールできずにいるのが逆に情けない。守備の人に甘んじているようで歯痒かったり。