せんだい雑記

東北楽天ゴールデンイーグルスの観戦雑記ブログです。

やっぱりクローザーが心配

やっぱりクローザーが心配

新3本柱の誕生

  • H4−6E

辛島で連勝。今日のノリで連勝が続けば、まさに新3本柱「岸、辛島、則本」の誕生だ。ノリよ、乗り遅れるな。

初回に先制してから一度も逆転されていないゲームだったが、いつ追いつかれるかとハラハラしながらのゲーム展開だった。さすがにホークスのジワジワと追い上げてくる雰囲気は本物の迫力がある。

初回に3点、3回に2点の追加で4点差としても5回に2失を入れられ2点差まで詰められたときはイーグルスがロックオンされてしまったように見えた。あぁ、2点差で果たして残り4回を逃げ切れるだろうか。正直、自信なかった。

新・必勝リレー

6回・青山、7回・池田、8回・マツ、9回・ハーマンのリレー。
バタバタしたのはハーマンだったね。7回の藤田のソロホームランがなければどうなっていたか分からない。6回から8回まで三者凡退で来たからハーマンには余計なプレッシャーがかかったのかもしれない。

変化球でかわすピッチングになっていたので心配していたが、福田をデッドボールで歩かせ1アウト2塁にしたときは「マズイ...」と思った。そして次の本多に打たれて1アウト満塁。川島をピッチャーゴロでゲッツーにしてゲームセットは結果オーライ、ラッキーだっただけ。

帯に短し襷に長し

クローザーは、接戦や相手が追い上げムードのときにその適性が出てしまうけど、ハーマンの適性はかなり微妙だ。投げるボール自体の適性はあるが、状況によってそのパフォーマンスを十分に出せない面がある。かといってマツも今ひとつ不安を拭いきれていないし。メンタル的な適性はサブが最適なんだけど、こっちはフィジカル的に不安があるし。なんとも「帯に短し襷に長し」の悩ましい状況が続いている。

池田が先発からリリーフに回された。サブが離脱している間のフォローだと思うが、ちょうど昨シーズンの森原のようなイメージで適性はありそうだ。長いイニングを投げられるようになってくれば先発への復帰も十分あり得るし、悪くない配置転換だと思う。空いた先発の穴を埋めるのは古川のようだね。一皮むけた古川が見られるか楽しみだ。

イニエスタ選手の契約金で岸をあと10人くらい獲得したいくらいだ。

岸が先発で本当によかった。

  • E4−1Bs

年に1回の東京ドームでのホーム試合。
ここのところのホームゲームは勝ちゲームに見放されていたので、連敗ストッパーの岸が先発でほんとうに良かったw。楽天の関係者が多く招待される東京ドームでのホーム試合、仙台のような無様なゲームをしていたら、オーナーの逆鱗に触れるばかりか、東京のイーグルスファンにまで見放されるところだ。

岸はもう「さすが」という言葉では足りないくらいなんだけど、これ以外に言葉が思い浮かばないからしょうがない。この安定感こそがエースの証だし、これぞまさしくプロフェッショナルの仕事だ。「プロフェッショナル 仕事の流儀」に是非出演してもらいたいw。

攻撃陣も頑張った。

相手先発の西も相変わらずの好投を見せていたが、攻撃陣もよくぞ攻略してくれた。

5回裏の先制点が効いた。ヒロインだった岡島の先制タイムリー2ベースはたしかに良かったが、それ以上に田中の打った2点目のタイムリーが効果的だった。カズキに拍手喝采だ。あの2点目が岸にどれだけの勇気とエネルギーを与えたことか。

7回表に1点入れられたが、あそこで同点とならなかったことで流れを相手に渡さずに済んだし、8回裏の直人の3ベース、2点追加に繋がったと思う。

8回裏の攻撃。まだ1点リードのとき、岸はベンチ前でキャッチボールを始めた。ベンチは9回1点リードの場面でハーマンへのリレーではなく、岸の続投を選んでいたわけだが、そこへ2点の追加点。
あそこで岸のガッツポーズと笑顔が映像に映し出され、そこから伝わってきた岸の「勝利への自信」を感じ取ったイーグルスファンは全員勝利を確信したのだったw。ゲームセットの前に勝利を確信できる幸せ。岸はやっぱりエースだ。

イニエスタ登場

ゲームが始まる前、ヴィッセル神戸に入団が決まったイニエスタ選手が紹介された。プロ野球のゲームの前にサッカー選手が紹介されるというのも凄いが、年俸32億円というのも前代未聞だ。岸があと10人獲得できる....。