せんだい雑記

東北楽天ゴールデンイーグルスの観戦雑記ブログです。

則本は相変わらず不安な立ち上がりだったけど内田の先制2ランで生き返ったね。

  • F0−5E

今回の勝ちは内田とオコエの活躍に尽きるね。
特に内田の先制2ラン。あれが大きかった。あれでノリ(則本)が生き返ったと言っても過言ではない。先発のノリは相変わらずの不安定な立ち上がりだった。制球も良くなかったし、正面に打球が飛んで助かっていたけど、相手バッターの当たり自体は悪くなかった。

あのまま0行進でゲームが進めば展開は真逆になっていた可能性もあった。ノリの調子自体は悪くなかった。見てのとおり、チームが先制してからのノリは尻上がりに良いピッチングになっていたし...。

ただムラッ気のあるノリのこと、先制を許す展開になっていればズルズル抑えのきかないノリ劇場もあり得た。ノリにはそういうところがある。ノリにとっての「先制点」はまさに鬼に金棒と言えるから、内田の2回の2ランは特別に意味のある一発だったと思う。

それから7回のオコエの2点タイムリー3ベース。
5回、6回と1アウト3塁のチャンスをことごとく生かせなかった中で、代打オコエが放った3ベースは「さすがオコエ」という勝負強さだった。その前の今江のサードゴロでの追加点で周りの空気が軽くなっていたことも影響したかもしれないが、やっぱりあそこはオコエだからこそのタイムリーではなかったかと思う。

9回のマウンドはハーマンではなくてマツに託された。だからといってマツを次からストッパーに戻そうとか、そういう話ではないように思う。ハーマンに休養を与えたかった、それだけだろう。

逆にマツは間隔が空くのを良しとしないタイプの投手だ。連投しながら調子を維持、もしくは上げていくスタイルの投手、それだけのこと。そしてマツは期待に応えるナイスピッチングでゲームを締めくくった。ノリからマツはナイス継投だったと思う。それにマツが「いつでもストッパーOK」という状態になっていれば、ハーマンも気楽に後ろを投げられるというものだ(自分しかいない、は結構きつい)。しばらくはマツからハーマンのリレーで良いと思う。少なくともハーマンが安定しているうちは手を付けないことだ。

さあ、これで3連勝。だんだん最下位のチームらしからぬ闘いぶりになってきた。開幕前に多くのファン、解説者が予想(期待)していた闘いぶりはまさにこんな感じではなかったか。調整が約1ヶ月後ろにズレてしまった格好だ。

追記
そういえば、実況のアナウンサーがハムのホームゲームにもかかわらず、ノリのことを物凄く持ち上げていたのが印象的だった。楽天のエース、球界のエースを連発だった。ま、一般的なノリ評としては間違っていないのだが、多少大袈裟な感じを受けた。「打たれているのは西武戦だけなんですね。」とさも凄いことのようにコメントしていたが、ファンから言わせれば「西武戦だけでいいからしっかり投げてほしい」という感じなのだな。