せんだい雑記

東北楽天ゴールデンイーグルスの観戦雑記ブログです。

新・勝利の方程式は、先発が6回までゲームを作り、7回は3人がかりで乗り切って、8回松井で9回ハーマン。

新・勝利の方程式は、先発が6回までゲームを作り、7回は3人がかりで乗り切って、8回松井で9回ハーマン。

  • F0−3E

辛島の安定感は本物で、このゲームでも低めに制球された切れのあるボールで日ハム打線を6回まで無失点に抑え込んだ。もはや今シーズンの先発3本柱は岸、ノリ、辛島で決まりだと思う。それにしても不思議と4本柱とはならないのだ。美馬が昨シーズンのようなピッチングを見せていれば、昨シーズンの3本柱に辛島が加わって4本柱となりそうだったのに。

で、対戦相手・ハムの先発高梨もこれまたキレキレのボールでまるでうちの岸が投げているようだった。敵ながらいいピッチャーだね、たかなし。たしか茂木と最後まで新人賞を争った選手だ。最後は彼に持って行かれたけど、順調に成長している。悔しいけどw。

その好投手から4回表に先頭のペゲーロがソロホームランで先制。ペゲーロもようやく峠を越えたような。バッティングに「我慢」が出てきた。これまでのようにただのブンブン丸では終わらない。

そして7回の追加点は先頭・内田の2ベースが口火。内田の代走で出たオコエが藤田の犠打で3塁へ進塁、嶋のタイムリーで生還した。嶋のタイムリーをただのライトフライと勘違いしたオコエが危うくホームでアウトになるところだったが、巧みなスライディングでタッチをかわした。あぶない、あぶない。

さらに8回、ウィーラーのタイムリーで3点目。

辛島は無失点のまま6回でマウンドを降りた。前回登板では7回まで引っ張ったことが裏目に出たので、今回は同じ轍を踏まない。辛島を信用していないわけではなくて辛島を勝たせたいが故の交代。
次の青山はレアードにヒットを許したが、すぐに高梨へスイッチ、高梨で2アウトまで、宋で1アウトを取り無失点のまま7回を切り抜けた。3人がかりで7回を切り抜けるのは今のイーグルスの勝ちパターンだ。宋がいいねえ。ボールは速いしコントロールが抜群だ。

こうなると8回マツ、9回ハーマンの必勝リレーにつながる。
マツに以前のキレキレのボールが戻ってきた。マウンド上の雰囲気にも自信からくる余裕が感じられるようになってきた。で、そのマツ以上に安定感を増しつつあるのがハーマンだ。球威、コース共に文句なしのピッチングを見せている。あとは1点リードの場面でも同じようなピッチングを見せられるかどうかなんだが、早く見たいような見たくないような。しばらくは3点差くらいの場面で安心して見ていたいというのが本音だな。

1軍に上がったばかりの岩見が9回のバッターボックスに代打で立ったのでその感想など。
結果は三振だったが、かなり粘っていた。簡単に料理されるイメージではなかったのが良かった。意外と器用な印象なので、あと数回打席を積めば初ヒットも出そうな感じだ。初ヒットが初ホームランというのが理想だけどそこまで劇的でなくてもいいから早く一本出て欲しいねw。

2018年シーズン初のサヨナラゲームは平日のデーゲームだった。

  • E4☓−3H

今シーズン初のサヨナラゲーム。なんでライブで見られない平日のデーゲームでこういう良いゲームをするかなぁ。嬉しいけど少し複雑だw。帰ってから9回裏の攻撃だけ録画で観た。

先発は岸。6回10安打3失点、先発として最低限の仕事はできた、そんな感じだろうか。テキスト速報でゲームをチェックしてみたら結構打たれていたね。特に柳田に。ま、地力のあるホークス打線が相手だし、岸も人間だからいつもいつも圧巻のピッチングというわけにもいかないだろう。それでも先発としての最低限の仕事だけはしてくれる。この仕事ぶりは「さすが岸」と言っていいと思う。

先発が6回までもってくれれば7回は今のメンバーでもやりくりできる。あとはマツとハーマンで「勝ちゲーム」のパターンになるのだ。エースが投げたときにはこういうゲームにしなくちゃね、という展開。やっぱりエースは岸だ。でもノリの存在感も捨てがたい。だからwエース。

攻撃のヒーローはやっぱり嶋だろう。8回にモイネロから同点タイムリーを打った。同点に追いついたことよりも、あのモイネロから打ったところに意味がある。モイネロに対する苦手意識が「超苦手」から「苦手」くらいまでレベルダウンした瞬間だ。このタイムリーは大きいね。嶋のガッツポーズにそれがよく表れていた。 

そして岡島のサヨナラ。なかなか調子が上がらずファンの間からも風当たりの強かった選手会長だ。野球の神様は今シーズン初のサヨナラを選手会長の岡島に担当させた。これが何を意味するのか。なんか楽しみになってきたぞ。

おまけ
内田が2号を打った。4回裏、ソロだったけど...。そして同点で迎えた9回裏、1アウト1、2塁で内田に回ってきた。さよならのチャンス。しかし、三振。内田の次なるステップは「あそこ」で一発打てるようになることだな。