せんだい雑記

いち楽天イーグルスファンの独り言...

内田靖人のヒロイン(ヒーローインタビュー)に泣いた...。

  • Bs1−9E

内田のヒロインを聞きながら泣いてしまった。
「母の日」のキーワードが効いた。よかったね、内田。これでようやく1軍の呪縛から解放された。次からはwゴリの活躍に期待だ。

先発の藤平はいったいどうしちゃったのでしょう?。前回の炎上からまったく修正できていなかった。初回から3回まで毎回満塁のピンチを背負いながら、1失点でどうにかこうにか切り抜けたが、いずれもオリの拙攻のおかげ。ベンチもたまらず4回から青山にスイッチした。

藤平は思った以上に重症のようだ。1年目が予想外に上出来だった分、あれこれ欲を出しすぎて色々と手を入れすぎたのではないかと心配している。良かったときの感覚から少し離れすぎてしまい戻れなくなっているように見える。不器用な選手であればそんなこともなかったと思うが、彼の場合は身体能力も野球センスも頭抜けているのでやや突っ走ってしまったか。ま、これも経験。チームの状態もよくなりつつあるので基本に立ち返り再スタートさせてほしい。

さて、イーグルスの攻撃陣がようやく目覚めてきたかな。(栗原)ケンタコーチが効いているとしたら4月の連敗も名コーチ発掘のための高い授業料、先行投資だったということで諦めもつくw。嶋と岡島の2人のチームリーダーがやや攻撃の波に乗り遅れてはいるが、それをカバーして余りある勢いが出てきた。

特に嬉しいのはヒロインだった内田に1号が飛び出したことだ。開幕前の好調さが開幕1軍の切符を手にした途端にまったく発揮できなくなり2軍へ降格、2軍で取り戻した好調さが1軍再登録した途端にまたまた音無しになってしまうという状態。内田の前に「1軍の壁」は高く高くはだかっていたが、今回ようやく1本飛び出し壁を超えることができた。人間の能力というのは不思議なもので、初ホームランで壁を越えた途端、次の打席は早速タイムリーを打った。そしてヒロイン。ヒロイン候補はたくさんいたはずだが、選手たちの間では内田の「産みの苦しみ」を感じていたのだろう、内田を送り出してきたのだと思う。

前日のイーグルス関連の報道を見ると藤平に「母の日」の活躍を期待していたフシがあったけど、内田にすっかりさらわれてしまった格好だ。いずれイーグルスを背負って立つエースと4番に違いないので、藤平には次の「父の日」の活躍を期待することにしたい。

それからもう一つ。
期待のキャッチャー堀内くんがいよいよ1軍登録になった。
彼を知らないファンはいないと思うけど、一応プロフィールへリンクをはっておくね。「試合で緊張したがことがない。」と星野さんの前で豪語した入団当時からのファンだw。21歳。嶋より一回り(12歳)若いw。