せんだい雑記

東北楽天ゴールデンイーグルスの観戦雑記ブログです。

宮城県の猫島(ねこじま)へ行って、そのあと帰りに「石巻焼きそば」を食べてきました。

宮城県の猫(ねこ)島へ行ってきた。

4/29

田代島へ。宮城県石巻市の島で「ひょっこりひょうたん島」のモデルになったことで知られるが、今や宮城県の「猫島」としての方が有名だ。

もともと犬派の私だが、猫が嫌いなわけではない。というか、実は猫を飼うことにちょっとした憧れを感じていたりする。ペットショップをときどき覗くことがあるが、最近は犬のケージよりも猫のケージで立ち止まることが増えてきた。そんなわけで前から興味のあった猫島。特に予定を入れていなかった連休2日めに急きょ行ってみることにした。無計画の外出にはあまりのってこない妻もこの計画にはすぐに賛成した。

田代島へ行くには、石巻港から「網地島ライン」の定期便に乗る。日帰り便は1日2便「9:00発」と「12:00発」がある。「15時30分発」というのもあるが、これで行くと帰りの便がなくなり島に泊まることになるのでご注意。乗船している時間は約1時間だ。

私は9時の便で行くことにして、余裕を持って出港の30分以上前に港へ着いたら既に乗船を待つ人で大行列が出来ていた。
車の駐車スペースは結構広め、すぐに案内されたので、先に妻を降ろして切符を買いに走らせた。

さすがに連休の好天、「臨時便」を出すくらいの大賑わいで、私と妻は結局臨時便の方に乗ることになった。おかげで座れたのは良かった(というか、天気が良かったのでみんなデッキの方に出ていたのだね。)。船室でパンフを読んでたら途中船酔いしそうになった。あぶないあぶない。

時刻表によると通常便は大泊港にも停まるコースのようだったが、私らが乗った臨時便は仁斗田港への直行便となった(田代島には大泊と仁斗田の2つの港がある。)。田代島散策には仁斗田港からスタートするのが一般的ということ。

以下、写真を載せておく。写真のコメントは下書き後に随時入れていったため、仮コメ状態のまま残っているものもある。何か思いついたら加筆する予定。

f:id:uesugi_rintaro:20180429204542j:plainf:id:uesugi_rintaro:20180429204527j:plain
地島ライン
f:id:uesugi_rintaro:20180429204519j:plainf:id:uesugi_rintaro:20180429204505j:plain
石巻ー仁斗田(片道1,230円)
f:id:uesugi_rintaro:20180429204322j:plain
臨時便「マーメイド号」
f:id:uesugi_rintaro:20180429204445j:plain
客室はこんな感じ。
f:id:uesugi_rintaro:20180429204418j:plain
海にはウミネコも。
f:id:uesugi_rintaro:20180429204401j:plain
猫島(田代島)が見えてきた。
f:id:uesugi_rintaro:20180429204336j:plain
猫島上陸
f:id:uesugi_rintaro:20180429204349j:plain
ようこそ猫島へ
f:id:uesugi_rintaro:20180429204300j:plain
猫島1
f:id:uesugi_rintaro:20180429204224j:plain
「⬅多い ネコ 少ない➡」...という標識
やっぱり「多い」方へ向かった人が多かった。「少ない」へ向かった人たちはたぶんリピーターだろう。「猫神社」へ向かったと思われる。
f:id:uesugi_rintaro:20180429204203j:plain
猫島3
f:id:uesugi_rintaro:20180429204145j:plain
猫1
f:id:uesugi_rintaro:20180429204107j:plain
猫2
f:id:uesugi_rintaro:20180429204049j:plain
ねこ小屋
f:id:uesugi_rintaro:20180429204038j:plain
猫島5
f:id:uesugi_rintaro:20180429204021j:plain
猫島6
f:id:uesugi_rintaro:20180429204001j:plain
猫島6
南国の島を思わせる風景がところどころに。植物もそれっぽい。あと、住人とすれ違うことはほとんどなかった。家屋の多くは廃屋に見えたから猫のねぐらになっているのかもしれない。
f:id:uesugi_rintaro:20180429203938j:plain
猫島8
f:id:uesugi_rintaro:20180429203953j:plain
クロネコ堂」猫島の写真や小物などが販売されている。
f:id:uesugi_rintaro:20180429203922j:plain
クロネコ堂の中1
f:id:uesugi_rintaro:20180429203909j:plain
クロネコ堂の中2
f:id:uesugi_rintaro:20180429203852j:plain
猫島14
f:id:uesugi_rintaro:20180429203840j:plain
猫島11
f:id:uesugi_rintaro:20180429203825j:plain
猫4
f:id:uesugi_rintaro:20180429203814j:plain
猫5
f:id:uesugi_rintaro:20180429203757j:plain
猫6
f:id:uesugi_rintaro:20180429203746j:plain
猫7
f:id:uesugi_rintaro:20180429203732j:plain
猫8
「(観光客は)猫に餌は与えない。」がルール。
ところが観光客がカバンやリュックから何かを取り出そうとすると、その音に猫が気づいて寄ってくる。食べ物を取り出し、それをくれると猫は知っているのだ。餌を与えている人が普通にいるということだね。猫の嗅覚は犬ほどではないと思うが、聴覚は相当良さそうだ。
それからここの猫はまったく鳴かないことにしばらくたってから気づいた。人に寄ってくるときも鳴かない。鳴き声を聞いたのは船着き場の近くで見かけた数匹だけ。あれは飼い猫かもしれない。
f:id:uesugi_rintaro:20180429203719j:plain
猫島12
f:id:uesugi_rintaro:20180429203657j:plain
猫9
f:id:uesugi_rintaro:20180429203645j:plain
猫10
f:id:uesugi_rintaro:20180429203629j:plain
猫島13
猫型ロボットならぬ「猫型ロッジ」
漫画家の里中満智子先生がデザインしたものらしい。ほかにはちばてつや先生のデザインしたロッジもあった。
海をバックに良い感じだ。夏には利用者で賑わうのだろうか。GW中にもかかわらず、ロッジ自体の利用者は見かけなかった。たしかに観光客が前の道をゾロゾロ通るは、写真はバチバチ撮るはで落ち着かないとは思う。
f:id:uesugi_rintaro:20180429203529j:plain
猫島15
f:id:uesugi_rintaro:20180429203437j:plain
猫島17
f:id:uesugi_rintaro:20180429203424j:plain
この標識から100メートルくらい海側へ下ると「学校浜」がある。
f:id:uesugi_rintaro:20180429203417j:plain
学校浜
f:id:uesugi_rintaro:20180429203405j:plain
ダルマさんが〜
f:id:uesugi_rintaro:20180502155638j:plain
転んだ(ピタッ。)
f:id:uesugi_rintaro:20180429203621j:plain
猫11
f:id:uesugi_rintaro:20180429203609j:plain
猫12
f:id:uesugi_rintaro:20180429203600j:plain
猫13
とにかく人に懐いている。撫でてやろうと手を伸ばしても逃げることがない。島の住人はもちろん、観光客も猫好きな人ばかりだろうから猫も安心なんだろうね。

f:id:uesugi_rintaro:20180429203539j:plain
リュックからオニギリを取り出した音を聞きつけ走ってきたネコ
f:id:uesugi_rintaro:20180429203337j:plain
猫島20
f:id:uesugi_rintaro:20180429203330j:plain
猫島21
f:id:uesugi_rintaro:20180429203321j:plain
猫島22
f:id:uesugi_rintaro:20180429203313j:plain
猫島23
f:id:uesugi_rintaro:20180429203308j:plain
防波堤1
港から沖に出るところに一つ目の防波堤がある。ここは第2の防波堤ということか。集落への入り口をがっちりガードしている感じだ。3.11震災のときは猫も山頂へ避難したのだろうか。
f:id:uesugi_rintaro:20180429203257j:plain
防波堤2
f:id:uesugi_rintaro:20180429203247j:plain
防波堤の開閉扉
f:id:uesugi_rintaro:20180430065137j:plain
海側から見るとこんな感じ。

f:id:uesugi_rintaro:20180429203240j:plain
ドラム缶でひじきを煮ているオジサンがいた。
f:id:uesugi_rintaro:20180429203235j:plain
猫島28

帰りは仁斗田港から「12:00」発の臨時便が出たのでこれに乗った。島の滞在時間は約2時間くらいだったが、私的には十分だった。今回は「猫神社」などの観光スポットへは行けなかった。それは次の機会のお楽しみだ。

石巻焼きそば」は普通の焼きそばとココが違う

4/29

猫島へ行った帰りに「石巻焼きそば」を食べに寄った。

f:id:uesugi_rintaro:20180429174047j:plain
「藤や食堂」の「特製焼きそば」大盛り(900円)(普通盛りは700円)

一見「横手焼きそば」のようにも見えるけど、これは「石巻焼きそば」である。目玉焼きを焼きそばの上に乗せるのは「横手焼きそば」の専売特許だと思っていたが、そうではなかったらしい。美味しいことはどこでやっても許されるのだ。

石巻焼きそば」も旨いよー。

でも、「石巻焼きそば」と「横手焼きそば」には大きな違いがある。というか「普通のソース焼きそば」との大きな違いだ。

石巻焼きそばの4条件

  1. 石巻焼きそばの茶色は「ソースと絡めて焼いた」色ではない。調理に使っているのが二度蒸しした「茶色の生麺」なのだ。
  2. だから焼き上げのときにソースは使わない。だし汁を加えて蒸し焼きにする。
  3. トッピングは目玉焼き。(これは「横手焼きそば」と一緒。)
  4. 食べるときに「あとがけ用」のソースをかける。食べながらもかける。好きなだけかける。

ちなみに、上の写真はソースをかける前の状態だ。だし汁がきいているのでこのまま食べても十分においしい。でも、やっぱりソースは欲しいね。たっぷりかけながらいただいた。ジューシーになって私には一層うまく感じる。

f:id:uesugi_rintaro:20180429174049j:plain
あとがけソース、遠慮なくかける、かける、かける...

f:id:uesugi_rintaro:20180429174052j:plainf:id:uesugi_rintaro:20180429174056j:plain
午後1時過ぎでも行列。人気店です。「藤や食堂」石巻駅から徒歩4分

ついでに書いておくと、ここのは普通盛りで十分なボリュームです。

店舗情報

店名:藤や食堂 (ふじやしょくどう)
住所:宮城県石巻市立町2-6-17
営業時間:11:00~18:00、日曜営業
定休日:不定